MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

SPECIAL特集

はじまりは国芳-江戸スピリットのゆくえ

横浜美術館

 

はじまりは国芳-江戸スピリットのゆくえ

横浜美術館の記念すべき100本目の展覧会がはじまりました。その名も「はじまりは国芳-江戸スピリットのゆくえ」――浮世絵師・歌川国芳(1797~1861)をはじまりとして、国芳とその一門や系統にどのように受け継がれていったのかを作品や資料を通して紹介しています。国芳は、近年ますます評価の高まっている絵師のひとり。歌川豊国門下の浮世絵師で、同門の兄弟子・歌川国貞と並び、江戸末期の浮世絵界を牽引しました。彼の生み出す浮世絵の魅力、そしてそこから明治、大正、昭和初期まで新しい表現を模索した絵師・画家たちの逸品が楽しめる展覧会です。

奇抜、斬新、洋風……奇才として名を馳せた歌川国芳

はじまりは国芳-江戸スピリットのゆくえ

江戸末期、浮世絵師の中でも抜群の“センスの良さ”を活かした作品を発表していた国芳。師であった豊国の没後、大判揃物『通俗水滸伝豪傑百八人』と題した『水滸伝』の作品がブレイクします。「武者絵の国芳」と言われ、押しも押されぬ人気絵師となった国芳は、武者絵だけでなく風景画や美人画、役者絵なども得意としていました。画風の特徴として、西洋の陰影表現を取り入れている点が挙げられ、多くの弟子たちが国芳の作風を盗みたいとその門を叩きました。「最後の浮世絵師」と呼ばれた月岡芳年もそのひとりです。

本展では、江戸末期から昭和初期の日本画、油彩画、水彩画、版画、刊本などの作品、資料を通して国芳からはじまった約100年間の日本絵画の流れをたどります。4章立て約250 点(展示替あり)によって、国芳の新たな魅力が発見できるとともに、芳年をはじめ、河鍋暁斎、水野年方、鏑木清方らがひとつの線となって紹介されることで、国芳からどのように受け継がれ、さらに新たな展開を見せていったかを探ることができます!

江戸の終わりと浮世絵から新版画へ

はじまりは国芳-江戸スピリットのゆくえ

日本画、洋風画など、各ジャンルの作家作品が楽しめる、浮世絵の枠を飛び越えた展示構成は、江戸から現代に通ずる奇抜で斬新な作品の道のりを教えてくれているかのよう。開国に伴い、欧米の文化や技術が伝わってくると、浮世絵は徐々に衰退していきました。ただ、欧米では日本独特の美意識への評価が高まっていくのもこの時代の特徴であり、その流れに後押しされながら生まれた版画運動のひとつが、浮世絵の復興と近代化を目指した「新版画運動」でした。川瀬巴水ら新版画運動の代表的作家の作品を通して、浮世絵の影響を見ることができます。

そして、記念レクチャーには豪華ゲストが登場。11月18日(日)14時からは、美術史家、明治学院大学教授・山下裕二氏による「絵描きたちの職人魂―国芳から芳年、暁斎、清方へ」、12月22日(土)14時からは、美術家・横尾忠則氏による「僕はこう見る―ヨコオ流 絵の見方」が開催されます。各回とも先着240名で聴講無料。国芳に対する理解を深める、とてもいい機会になりそうですね。

さらに、本展開催にちなんで、「国芳・芳年・清方を巡る 入館料相互割引」も実施中。月岡芳年、鏑木清方を取り上げた展覧会との相互割引が実現しました。いずれかの半券があれば、観覧料が割引になります。ぜひ、3館をめぐる展覧会ツアーを企画してみては。
※それぞれの券売所で、いずれかのチケットの半券をご提示ください。 
・横浜美術館「はじまりは国芳-江戸スピリットのゆくえ」(11月3日~2013年1月14日)→観覧料 各種200 円引
・太田記念美術館「没後120 年記念 月岡芳年」(10月2日~11月25日、展示替え休館あり)→観覧料 各種200 円引
・鎌倉市鏑木清方記念美術館「清方描く 江戸の残り香」(11月3日~12月9日)→観覧料 各種50 円引


↑ PAGE TOP