MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

SPECIAL特集

フェルメール 光の王国展2013カレンダー 好評発売中

フェルメールの名作が1年を彩る

 


日本でも人気の高い、17世紀オランダを代表する画家、ヨハネス・フェルメール。現存するフェルメールの作品は30数点といわれており、近年フェルメール作品の来日ラッシュとなっています。今年だけでも、5点ものフェルメール作品が来日。日本人にとっても馴染みのある作家といえます。「フェルメールの全作品を観てみたい」と思っている美術ファンの方も多いはず……そんな期待に応え、斬新な試みの美術イベント『フェルメール 光の王国展』が開催され、好評を博しました。

数年前から、フェルメールに魅せられ4年に渡って可能な限りのフェルメール作品と対峙してきた生物学者の福岡伸一氏が企画した、フェルメール・センター銀座を皮切りに、池袋や秋田などでも開催。今度も関西などで開催される本イベントは、オランダ・デルフトにある「フェルメール・センター デルフト」と提携し、フェルメールの全37作品を最新の印刷技術でデジタルマスタリングした“リ・クリエイト作品”が並ぶ、まさにフェルメールだけのミュージアムです。

今回、そんなデジタルマスタリングした“リ・クリエイト作品”のフェルメール代表作を網羅した2013年度版カレンダーが発売。卓上カレンダーは、作品部分とカレンダー部分がセパレートになっていて、いつでも自分の好きな作品だけを眺めていられる仕様です。作品は月毎に12種類。さらに、作品部分は切り取ってポストカードとしても活用できます! 

13枚綴りの壁掛けカレンダー、「デルフト眺望」ポスターカレンダーも好評発売中!

さらにポスターサイズのカレンダーも発売中。人気の高い風景画である「デルフト眺望」は、複雑で美しい光に溢れた作品に描かれたデルフトはフェルメールが暮らした街として多くの人を魅了しています。この作品のポスターカレンダーは、フェルメール・センター銀座ならびに関西の美術館の一部で販売中。そして13毎綴りのポスターカレンダーは、上下にミシン目が入っており、全12作品を切り取ってポスターや、額装などとしても楽しめます。

『フェルメール 光の王国展』ポスターカレンダー(デルフト眺望)2013年版(525円)

『フェルメール 光の王国展』卓上カレンダー2013年版(1,050円)
Amazon販売ページ

『フェルメール 光の王国展』壁掛けカレンダー2013年版(2,100円)
Amazon販売ページ

さらに、以下の美術館などでも購入することができます。

フェルメール・センター銀座
銀座ITOYA

東京都美術館
東京都写真美術館 ナディフ バイテン
Bunkamuraザ・ミュージアム ナディフ モダン
愛知芸術文化センター ナディフ 愛知
国立国際美術館
国立民族学博物館
大阪市立美術館
京都国立近代美術館、
兵庫県立美術館
BBプラザ美術館

※関西の美術館ではポスターカレンダーは販売しておりますが、卓上カレンダーは販売していません。

なお、フェルメール・センター銀座では、11月30日まで「フェルメール 光の王国展2 ~17の所蔵美術館を巡る世界の旅~」が開催中。37のリ・クリエイト(高精細複製)されたフェルメール作品を17の所蔵美術館のコレクション別に紹介しています。それぞれの作品が美術館に所蔵されるまでに至る“絵の履歴”をたどりながら、世界の美術館を旅するような気持ちになってもらえれば、という展覧会。入館料は大人1000円ほか。こちらもぜひ足を運んでみてください。


↑ PAGE TOP