MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

SPECIAL特集

瀬戸内国際芸術祭2010「アートと海を巡る百日間の冒険」

7つの島と、高松港周辺

 

アートを通じて、瀬戸内海の風景とそこで育まれた島の文化や暮らしに出会う祭典が開催されます。海の日からスタートする、島をめぐる100日間の冒険。瀬戸内国際芸術祭はアートを巡る旅、自然を巡る旅として、夏休みにとっておきの時間をすごせる特別な場所として、オススメのスポットです。

瀬戸内海が、地球上すべての地域の「希望の海」に

瀬戸内国際芸術祭「アートと海を巡る百日間の冒険」
今回の芸術祭の舞台となる瀬戸内海は、古来より交通の大動脈として重要な役割を担ってきました。特異な島々の立地を生かし、船はそれぞれの島に立ち寄り、個々の文化の橋渡しを行ってきたといいます。従来の文化の中に常に新しい文化や様式を取り入れて、今日に至る島々は、ノスタルジックな風景と、現代の感覚が共鳴している場所といえます。

美しい自然が残る島々ですが、その人口は少しずつ減少し、高齢化が進みつつあります。地域の活力は低下し、島独特の文化が失われつつあるのも現実です。

そんな瀬戸内の島々の活力をアートで取り戻したい!という思いもあり、この芸術祭が実現しました。瀬戸内海が地球上のすべての地域の“希望の海”になることを目指し、様々なプロジェクトが開催されます。

直島アートサイトをはじめとして、瀬戸内の島々とアートの結びつきを最初に手がけた立て役者でもある、財団法人直島福武美術館財団理事長の福武總一郎氏、越後妻有アートトリエンナーレなどのディレクターとしての手腕を発揮する、総合ディレクター・北川フラム氏のもと、現代アートと島の文化や生活が融合する100日間がスタートします。

現代アートの作家や建築家と、そこに暮らす人々との協働によるアートという結晶体がなんといってもこの芸術祭の見どころ。舞台となるそれぞれの島で育まれてきた固有の民俗を活かし、島々で営まれてきた生活、歴史に焦点を当て、アートが関わることによって住民、特に島のお年寄りたちの元気を再生する機会を作り出していくそうです。この瀬戸内国際芸術祭は、「民俗、芸能、祭り、風土記という通時性」と「現代美術、建築、演劇という共時性」を交錯させ、瀬戸内海の魅力を世界に発信する壮大なテーマがあります。

島の暮らしにお邪魔をする、そんなアートの楽しみ方

瀬戸内国際芸術祭「アートと海を巡る百日間の冒険」
海の日の7月19日~10月31日までの期間。瀬戸内海の7つの島、直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島と高松港周辺が会場となって芸術祭は開催されます。18の国と地域から75組のアーティスト、プロジェクト、16のイベントが参加する予定となっており、その形態は様々。すべての作品、プロジェクト、イベントに共通している点が、島の文化や暮らす人々、その生活と一体となったアートを提供している点です。

女木島は人口が約200人の島。鷲ヶ峰山頂にある展望台からは、360度瀬戸内海を見渡すことができ、春には島をピンクに染める数千本の桜並木とともに景色を楽しむことができる、そんな女木島では、港付近の集落で福武ハウス2010、レアンドロ・エルリッヒはじめ、7つの作品が見られます。桃太郎と関連づけて観光スポットにもなっている鬼の洞窟では、その洞窟の佇まいから童心に返って冒険しながら、サンジャ・サソ、ロルフ・ユリアスの作品を見学できます。

小説「二十四の瞳」の舞台として有名な小豆島は、瀬戸内海で淡路島に次ぐ大きさを誇ります。潮の干満によって砂州が現れたり消えたりする、通称「エンジェルロード」。この美しい海岸から土渕海峡付近にかけて走るのが、豊福亮の《宝船》。さらにその対岸には、スゥ・ドーホーが作品を設置します。村内にある田んぼや小学校跡地などの道のりには9つの作品が出迎えてくれます。それぞれの島が特性を生かし、作家の個性と共存したパフォーマンスを展開。観光地へ行く、というよりも、島の暮らしにお邪魔をするといった感覚に近いかもしれない、ちょっと特殊なアートの旅。島のマナーを守って、ぜひすべての島を巡ってもらいたいと思います。

この瀬戸内国際芸術祭は、今回を第1回として、3年ごとの開催を目指す長期的なプロジェクト。ぜひ記念すべき第1回の様子を、実際に島の空気と共に感じてみてください。

瀬戸内芸術祭など、夏のアートの旅はこの1冊がナビになる

『オズマガジン』最新号は、毎年恒例の人気のアート特集! 今年しか楽しめないアートを探して旅に出よう! 特集【アートを感じる旅へ】では、瀬戸内芸術祭などを紹介しています。

「(ほぼ)2010年に完成した、現在進行形のアート」をカバーモデルのKIKIさんが巡ります。瀬戸内芸術祭では、島に息づくアート作品の数々を取材。その制作の背景にも迫ります。地域でアーティストがどう感じ、その思いをどう作品に反映していくのか……そんなアーティスト目線で作品について、地域についてのストーリーを紹介していきます。

もちろん、“旅する”がテーマなだけに宿泊やグルメスポットもあわせて掲載。この1冊があれば、さらに瀬戸内の旅が楽しくなります。

さらに、愛知県で開催される「あいちトリエンナーレ」や青森県の十和田市を中心にはじまった「Arts Towada 2010」の様子などもレポート。もちろん、東京をはじめとした関東圏の手軽に楽しめるアート情報も満載です。

「アートってなんだか難しそう…」、そんな読者でも納得の、すぐにアートに触れたくなる魅力が詰まった特集号です!

 『オズマガジン2010年8月号 からだで、こころで、アート旅』 
定価:500円(税込み) 発売中
発売元:スターツ出版株式会社 
購入はこちら 


↑ PAGE TOP