MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

SPECIAL特集

アートな息吹を感じる家に住みたい

テーマ特集

 

「家を買う」ことは、一生に一度あるかないかの大事な買い物。納得のいく家を探すことはとても大変です。価格帯や住みやすさなど、譲れないポイントは数知れず……なかでも、デザインにこだわる人も多いかと思います。アート好きな方にもきっと気に入ってもらえるデザイナーズ住宅「xevoEDDI(ジーヴォ・エディ)」は、人気建築家・鈴木エドワード氏とダイワハウスがコラボレーションして生まれた住まい。自然を感じる住まい、xevoEDDIの魅力をご紹介します。

ご自身もアート好きな鈴木エドワード氏の、住まいのこだわり

xevoEDDIのデザインを手がけた鈴木エドワードさんのアトリエには、8歳の頃に描いたという絵画が飾られています。もともと絵が好きだった少年は、絵描きになる夢に近いと感じて、建築という道を選んだそう。そこから、建築家・鈴木エドワードが生まれました。

「もともと、想像したものを作り出すという行為が好きだったんですね。ストーリを紡いで、ひとつの作品を生み出すことを昔から楽しんでいました。建築を仕事にしてからも、その楽しさや生み出すことのおもしろさは全く色褪せたことがありません」

アートとして建築を語る人も多いですが、実際に「住まい」として提供することは、芸術性以上に住みやすさや依頼主のこだわりなど重要な要素があります。建築家として“作品以前に、満足感のある住まい”を提供することこそが、チャレンジだといいます。

「実際に住んでもらって、喜んでもらえる空間を作ることは毎回チャレンジが伴います。自分が相手の立場であったとき、どういう行動を家でしたいのかを考えると、自然とユーザーの笑顔が浮かんできます。依頼主の皆さんに住んでいただいてからの感想が、私の経験となっています」

xevoEDDIでは“インターフェイス”をコンセプトに設計。借景などが難しくなった都会でも「自然を感じる」ことのできる、内と外があいまいな中間領域的空間を生み出すことを実現しました。

「住む方のライフスタイルがわからない上で設計を行うのは、私にとっても新しいチャレンジでした。家の中に外があるような、借景といった周囲に依存しないデザインにし、自然材を使ってオフホワイトを基調にした住まいを作りました。一見、シンプルで単純な構成に感じるかもしれませんが、住まう人の感性がそこに加わり、住まいを完成してもらう、そんな住宅がxevoEDDIです」

xevoEDDIのシンプルなデザインは、アートを生活に取り入れたい人にもお薦めです。

「xevoEDDIは、主張したい人、したくない人、双方にお薦めの住宅です。アートを飾る箱としても最適ですよ。いわばまっさらな状態の住宅を、自分で何色にでも変化していけるんです」

デザイン性の高さと技術力が融合したxevoEDDI

ダイワハウスと建築家・鈴木さんがコラボレーションして生まれたxevoEDDIは、従来の「EDDI’s House」のブランドコンセプトを引き継ぎ、ダイワハウスの技術力を集結させた「xevo(ジーヴォ)」シリーズの住宅として展開しています。

これから家を買おうと考えている若い世代をターゲットに、都心でも納得のいくデザインやプランを、より現実的な価格で提供をしているシリーズになります。xevoEDDIのコンセプトは、日本の美しい住思想。子どもの頃は当たり前にあった庭や周囲の自然が、都心などでは感じることが難しくなってきています。そんな環境でも、緑、風、太陽など感じ取ることのできる“自然の息吹”を最大限利用することで、快適な住まいをめざしました。

さらに、鈴木さんによるデザインは「インターフェース」を活かし、家の中にいながら外の自然を感じる……そんな気持ちよさを加えてくれています。自然の息吹を感じることで、どこか懐かしい、日本の良さを再認識できる住宅になっています。

またダイワハウスが半世紀以上に渡って磨き、積み上げてきた技術力をさらに進化させて誕生した「xevo」の環境性能を搭載。xevoEDDIには、「外張り断熱通気外壁」を標準搭載しています。太陽光を利用して外壁に付着した汚れを分解する「光触媒コーティング外壁」や、玄関ドア、テラス等に使用されている木調アルミ製格子など、メンテナンスを軽減させる技術をちりばめてあります。デザイン性の高さを維持しながらも、高品質な住まいを実現している、とても欲張りな住宅シリーズです。

実際に見て、感じて決めたい……待望のモデルルームがオープン


xevoEDDIの最大のポイントのひとつに、その価格も挙げることができます。デザイナーズ住宅をイチからオーダーするとなると、かなりの出費を覚悟しないといけません。しかしこれまでオンワード代官山ビル、警視庁渋谷警察署、さいたま新都心駅(JR)などの建築物を手がけてきた鈴木エドワードさんの建築に住むことができ、住宅メーカーだからこそのきめ細かいサービスやアドバイスも受けることができます。

7月からは埼玉県春日部市に新たなモデルルームがオープンします。実際にxevoEDDIのエクステリアなどをチェックする絶好の機会です。理想の住まいへの第一歩を、気軽に体験してみてはいかがでしょうか。

鈴木さんのこだわりが詰まったxevoEDDI、モデルルームでも随所のそのこだわりを感じることができます。インターフェースの要である中庭(パティオ)や自然材をつかった内装など、気持ちのいい住まいをぜひ体感してみてください。

さらに、xevoEDDI特設Webサイトには、これまでのご購入者の体験談などためになる情報が満載です。こちらもチェックしてみてください。

建築家・鈴木エドワード氏とダイワハウスのコラボレーションから生まれたデザイナーズ住宅「xevoEDDI」


↑ PAGE TOP