MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

SPECIAL特集

六本木アートナイト2010

森美術館ほか

 

3月27日~28日、六本木の夜がアートで彩られます! 昨年からはじまった「六本木アートナイト」が今年も開催されることに。一夜限りの特別なアートの饗宴が楽しめます。今回のテーマは『街の見る夢』。アート作品やイベントを通して、六本木という街にどんな夢をもたらしてくれるのか……見逃せないとっておきの一夜となりそうです。

巨大な椿昇さんの新作に、世界的パフォーマンスも上演!

六本木アートナイト2010 椿昇 新作 《ビフォア・フラワー》 イメージ
昨年はヤノベケンジさんの巨大な立体作品「ジャイアント・トラやん」が話題となった六本木アートナイトですが、今年も巨大さでは負けていないようです。体長13メートルにも及ぶ巨大なモンスター(?)も出現するインスタレーションを発表するのは、国内外から注目されている椿昇さん。社会問題をテーマに人間の知性や感性を刺激する作品を発表し続けている椿さんが今回発表する新作は、このイベントのために制作されたという《ビフォア・フラワー》です。裸子植物を意味するタイトルが意味するメッセージとは? 巨大な体長は世界の創造の原動力となってくれた裸子植物への感謝の想いも込められているようです。さらには酸素や二酸化炭素、胞子をモチーフにしたバルーンなども登場し会場構成を盛り上げてくれます。物語性の強いこの作品はを中心に、東京ミッドタウン、国立新美術館でも展開予定です。

さらに複数の会場で開催されるのが、ストリートパフォーマンス集団「カンパニー・デ・キダム」によって演じられる《ハーバートの夢》。幻想的で夜にピッタリなこの作品は1997年に制作されて依頼、世界中で約400回も上演されています。白いバルーンでできた人間を彷彿とさせる影たち。そのパフォーマンスは無言ながら、独特の世界を生み出していきます。今回は六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館で複数回このパフォーマンスが見られる予定。六本木の街をどんな幻想世界に変身させるのか、実際に体験してみないとわからない感動が待っています。

各美術館でもこのイベントのためだけの特別プログラムが開催

六本木アートナイト2010 カンパニー・デ・キダム
通常、夕方には閉館してしまう美術館もこの2日間はちがいます。夜間開館はもちろん、このイベントのための特別プログラムも用意していて、開催中の展覧会と連動した企画も多数開催されます。

森美術館では3月20日より開催される『六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?』に出品中の作家によるパフォーマンスとライブ・ペインティングを27日23時から開催します。出品作家である現代美術アーティスト鈴木ヒラクさんとカリフォルニアと東京を拠点として精力的に活動中の日本人リリシスト、Shing02さんが共演するライブ・パフォーマンスでは、巨大なライブ・ペインティングを制作する予定だそうです。展覧会に出品しているインスタレーションとの対比にも注目です。

国立新美術館では、開催中の展覧会『アーティスト・ファイル2010-現代の作家たち』に出品されている南野馨さんによる立体作品の屋外展示を行います。立体作品《Untitled 0703》を屋外に展示し、22時の閉館後も作品を楽しむことができます。陶を素材とした作品を制作している南野さんですが、その作品は一見金属のような素材に見えるほど独創的。計算されつくした土から生まれる作品を楽しむことができます。

さらに国立新美術館では「TOKYO ANIMA! – BOOT UP」というアニメーションをフューチャーした若手映像作家の作品上映会も開催します。現代のアニメーション制作の最先端を垣間見ることのできる上映会は両日ともに複数回あり、30人の若手作家の作品を鑑賞することができます。「アタマの中は、フィルムに撮れない。だから人はアニメーションをつくる」がサブタイトル。若手作家の新しい感覚や表現を知るいい機会になりそうです。

六本木で味わう非日常の時間

六本木アートナイト2010 カンパニー・デ・キダム
ほかにも六本木にある様々な施設が参加を表明しています。とくにギャラリー陣も数多く参加。アクシスギャラリー、ギャラリー・アートアンリミテッド、ギャラリーMITATE、T&G ARTS、FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)、東京ミッドタウン・デザインハブなどなど、参加施設の各会場での展示にも期待がもてます。アートに浸りながら、アートの夢が見られるようなイベントで、いつもとはちょっとちがう六本木で非日常な空間を楽しんでみてください。

六本木アートナイト2010概要

【日時】
2010年3月27日(土)10:00 ~ 3月28日(日)18:00
コアタイム 3月27日(土)17:58<日没> ~ 3月28日(日)5:34<日の出>
※コアタイムは全体の開催時間中でメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯です。

【開催場所】
六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース

【入場料】
無料(但し、一部の美術館企画展およびプログラムは有料)

【主催】
東京都、東京文化発信プロジェクト室(財団法人東京都歴史文化財団)、
六本木アートナイト実行委員会 【国立新美術館、サントリー美術館、東京ミッドタウン、
21_21 DESIGN SIGHT、森美術館、森ビル、六本木商店街振興組合】
(五十音順)

「六本木アートナイト2010」公式サイトはこちら


↑ PAGE TOP