MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

SPECIAL特集

ミュージアムカフェが独自の視点でお届けするスペシャルコンテンツ

禅-心をかたちに-

其の二 “禅”入門編――山下裕二×山口晃 対談レポート

【イベントレポート】臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 特別展「禅―心をかたちに―」

日本のみならず、欧米でも「ZEN」と呼ばれ、注目を集める禅。この秋、禅に関する過去最大の規模の展覧会が開かれています。これを機会に禅に触れてみませんか?  今回は明治学院大学教授の山下裕二さんと画家...

続きを読む

ゴッホとゴーギャン展

対照的な二人の足跡 ―トークイベントレポート―

ゴッホとゴーギャン展

10年という短い期間で画家としての人生を燃焼し尽くしたかのようなゴッホと、文明に侵されていない野生を求めてタヒチに旅立ったゴーギャン。「ゴッホとゴーギャン」展では画風も生き方も対照的な二人の足跡をた...

続きを読む

禅-心をかたちに-

其の一 “禅”入門編――そもそも禅とは?

臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 特別展「禅―心をかたちに―」

日本のみならず、欧米でも「ZEN」と呼ばれ、注目を集める禅。この秋、禅に関する過去最大の規模の展覧会が開かれます。これを機会に禅に触れてみませんか? 第一弾の記事は展覧会を楽しむための大前提、そもそ...

続きを読む

世界最速芸術鑑賞! 現美新幹線で100%アートの旅を満喫

世界最速芸術鑑賞! GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)が運行開始!

みなさんは、美術館に行く時ってどんな時ですか? 普段はなかなか行けないけれど、旅先では必ず行く……そんな人も多いのではないでしょうか。アートと旅、とても近い存在のふたつが、強力なコラボレーションをし...

続きを読む

横浜発おもしろい画家 中島清之─日本画の迷宮

横浜美術館

横浜発おもしろい画家 中島清之─日本画の迷宮

100年前の横浜から出発した日本画家 《喝采》 1973(昭和48)年、紙本着色・額 横浜美術館蔵(中島清之氏寄贈) 今からちょうど100年前の1915年、画家を目指すひとりの青年が、故郷の京都から...

続きを読む

生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村

サントリー美術館

生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村

近世日本美術史に残る“1716年” 象と鯨図屏風 伊藤若冲筆 六曲一双 寛政9年(1797) MIHO MUSEUM蔵 【展示期間】3/18~5/10 今から数えで300年前にあたる1716年、近世...

続きを読む

マグリット展

国立新美術館

マグリット展

マグリット独特のシュルレアリスム 《 空の鳥 》 1966年 油彩/カンヴァス 68.5 x 48 cm ヒラリー&ウィルバー・ロス蔵 Hilary & Wilbur Ross © Cha...

続きを読む

新印象派 ― 光と色のドラマ

東京都美術館 企画展示室

新印象派 ― 光と色のドラマ

点描という、新しいスタイルの確立 ポール・シニャック 《髪を結う女、作品227》 1892年 エンコースティック、裏打ちされたカンヴァス 59×70 cm 個人蔵 © Droit Réservé 印...

続きを読む

チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地

日本科学未来館

チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地

誰もが楽しめる参加型作品を作るチームラボ 《光のボールでオーケストラ》チームラボ 2013 プログラマ・エンジニア、数学者、建築家、CGアニメーター、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、絵師、...

続きを読む

ボストン美術館 ミレー展 傑作の数々と画家の真実

三菱一号館美術館

ボストン美術館 ミレー展 傑作の数々と画家の真実

ボストン美術館の3大ミレーが来日中 ジャン=フランソワ・ミレー《自画像》1840-41年頃 油彩・カンヴァス Museum purchase with funds donated by contri...

続きを読む

夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへ

Bunkamura ザ・ミュージアム

夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへ

日本人蒐集家の知られざるコレクション ピエール=オーギュスト・ルノワール 《ド・ガレア夫人の肖像》 1912 年 / 油彩・キャンヴァス 会場に入ると、まず最初にモネやルノワールの大作が迎えてくれま...

続きを読む

だまし絵Ⅱ 進化するだまし絵

Bunkamura ザ・ミュージアム

だまし絵Ⅱ 進化するだまし絵

古典から現代アートまでの「だまし絵」が大集結 ジュゼッペ・アルチンボルド 《司書》 1566年頃 油彩・キャンヴァス スコークロステル城(スウェーデン) Photo: Samuel Uhrdin 2...

続きを読む

ヨコハマトリエンナーレ2014 華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある

横浜美術館、新港ピア

ヨコハマトリエンナーレ2014 華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある

3年に一度の一大イベント、5回目のヨコトリ ヴィム・デルボア《Flatbed Trailer》 2007 第5回展となるヨコハマトリエンナーレは、日本の国際展のなかでも最も有名で多くの人が訪れる一大...

続きを読む

オルセー美術館展 印象派の誕生―描くことの自由

国立新美術館

オルセー美術館展 印象派の誕生―描くことの自由―

マネ、印象派、画家たちそれぞれの1874年 エドゥアール・マネ 《笛を吹く少年》 1866年 油彩/カンヴァス 160.5×97cm ©RMN-Grand Palais (musée d’...

続きを読む

魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展 現代の芸術・ファッションの源泉 ピカソ、マティスを魅了した伝説のロシア・バレエ

国立新美術館

魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展

天才が結集した伝説のバレエ団、バレエ・リュス 左:レオン・バクスト「青神」の衣裳(《青神》より)1912年頃 オーストラリア国立美術館 Léon BAKST Tunic from costume f...

続きを読む

デュフィ展 絵筆が奏でる 色彩のメロディー

Bunkamuraザ・ミュージアム

デュフィ展 絵筆が奏でる 色彩のメロディー

爽やかな色彩、幸せ溢れるデュフィ作品の魅力とは ラウル・デュフィ 《ヴァイオリンのある静物:バッハへのオマージュ》 1952年 油彩、カンヴァス パリ国立近代美術館、ポンピドゥー・センター &cop...

続きを読む

クヴィエタ・パッツォウスカー展-Paper Talks 紙のおしゃべり-

ちひろ美術館・東京

クヴィエタ・パッツォウスカー展-Paper Talks 紙のおしゃべり-

鮮やかな色彩がきらめく絵本たち クヴィエタ・パツォウスカー 『すずの兵隊』より(部分) 1985年 チェコの女性アーティスト、クヴィエタ・パツォウスカーさん。1985年に刊行された絵本「すずの兵隊...

続きを読む

101年目のロバートキャパ 誰もがボブに憧れた

東京都写真美術館

101年目のロバートキャパ 誰もがボブに憧れた

日本で最も有名な海外の写真家、ロバート・キャパ 《ロバート・キャパ》1951 年 ルース・オーキン撮影 東京富士美術館蔵 © International Center of Photogr...

続きを読む

開館25周年記念 魅惑のニッポン木版画

横浜美術館

開館25周年記念 魅惑のニッポン木版画

江戸から現代まで、日本の木版画を総ざらい! 月岡芳年(大蘇)《風俗三十二相 けむさう 享和年間 内室之風俗》 1888年(明治21) 多色木版 37.4×25.2cm 横浜美術館蔵(加藤栄一氏寄贈)...

続きを読む

ザ・ビューティフル―英国の唯美主義1860-1900

三菱一号館美術館

ザ・ビューティフル―英国の唯美主義1860-1900

19世紀末、すべての作家の目指す先は唯美主義に通ずる? ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ《愛の杯》 1867年 国立西洋美術館 ラファエロ前派や世紀末芸術など、イギリス美術が華やかだった19世紀後...

続きを読む

Page 1 of 5  1 2 3 4 5 » 

↑ PAGE TOP