MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2013.02.26

国立新美術館『アーティスト・ファイル2013-現代の作家たち』 (2013.02.26更新)
 

国立新美術館『アーティスト・ファイル2013-現代の作家たち』

2013年1月23日~4月1日開催、国立新美術館『アーティスト・ファイル2013-現代の作家たち』。同館が取り組む、国内外で注目すべき活動を展開する現代作家を取り上げ個展形式で紹介する「アーティスト・ファイル」。2年ぶりの開催となった今回は、海外の作家3名を含む8名の作品を楽しむことができます。

国立新美術館『アーティスト・ファイル2013-現代の作家たち』

8名がそれぞれの個性をぶつけあう展覧会であり、一貫したテーマがあるわけではないので、複数のギャラリーをめぐっているような気分で楽しむことができます。ほとんどの作家が新作を展示しているので、作家の「今」、旬な一瞬を体感できる展示だともいえます。

国立新美術館『アーティスト・ファイル2013-現代の作家たち』

そんななか、注目の作家がインドで活躍するナリニ・マラニ。国際的な展覧会などでも作品を発表しているナリニ・マラニは、映像やインスタレーションで寓話的な世界観を醸し出しています。今回は絵画作品と、新作の映像インスタレーションを展示しています。

国立新美術館『アーティスト・ファイル2013-現代の作家たち』

後半には、志賀理江子とダレン・アーモンド、2人の写真家の展示が続きます。志賀理江子の展示スペースは、これまでの写真作品の展示をくつがえすようなインパクト大な構成となっています! 一方、ダレン・アーモンドは静かに写真と対話するような空間に。


本展でオススメなのが、展覧会カタログです。「アーティスト・ファイル」展のカタログは、作家ごとの8冊の図録で構成されていて、作家のポートフォリオのような一冊。しかも前回以降のものも同じフォーマットで制作されているので、好きな作家のアーカイブとしても楽しめます。ぜひ、こちらもチェックしてみてくださいね!



↑ PAGE TOP