MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2013.02.19

サントリー美術館『歌舞伎座新開場記念展 歌舞伎-江戸の芝居小屋-』 (2013.02.19更新)
 

サントリー美術館『歌舞伎座新開場記念展 歌舞伎-江戸の芝居小屋-』

2013年2月6日~3月31日開催、サントリー美術館『歌舞伎座新開場記念展 歌舞伎-江戸の芝居小屋-』。江戸時代に花開いた、伝統芸能として現代でも高い人気を誇る歌舞伎。2013年4月には新歌舞伎座が開場することを記念して、歌舞伎の歴史をたどる展覧会が開催中です。

サントリー美術館『歌舞伎座新開場記念展 歌舞伎-江戸の芝居小屋-』

江戸時代の歌舞伎が行われていた場所は、まさに“芝居小屋”。当時の民衆のにぎわいや、浮世絵などに描かれた人気の役者絵など、絵画作品を中心に歌舞伎の現代までの流れを紐解いていきます。いつの時代も人々を熱中させていた様子がうかがえます。

サントリー美術館『歌舞伎座新開場記念展 歌舞伎-江戸の芝居小屋-』

実際の歌舞伎の衣裳も展示されています。本展のおもしろい点は、美術展として歴史や資料性はもちろんですが、1点1点の作品が意匠や色彩など見ごたえがある点だと思います。歌舞伎、というキーワードで作品を集めていく……歌舞伎ファンも必見の作品が多く展示されています。

サントリー美術館『歌舞伎座新開場記念展 歌舞伎-江戸の芝居小屋-』

歌舞伎と言えば、代々世襲していく役者の名前に馴染みがあります。本展で展示されている役者の資料や絵画を観ながら、現代にその名を継承している役者さんと比べてみる……というのも、歌舞伎ならではの楽しみ方ですね。

サントリー美術館『歌舞伎座新開場記念展 歌舞伎-江戸の芝居小屋-』

その時代時代の息吹を感じ取って、400年もの間成長し続けている歌舞伎という文化。現代の歌舞伎もまた、発展途上なのかもしれません。400年の歴史を知ることで、また違った視点で歌舞伎を楽しむことができる、新歌舞伎座での舞台が待ち遠しくなる展覧会です。



↑ PAGE TOP