MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2013.02.01

森美術館『会田誠展:天才でごめんなさい』 (2013.02.01更新)
 

森美術館『会田誠展:天才でごめんなさい』

2012年11月17日~2013年3月31日開催、森美術館『会田誠展:天才でごめんなさい』。国内外で高い評価を受ける現代美術家・会田誠さん。彼の大規模な美術館での個展は今まで開催されたことがありませんでした。満を持して、とてつもないボリュームの展覧会が開催されています。

森美術館『会田誠展:天才でごめんなさい』

会田さんの作品は、日本社会や政治経済、サブカルチャーなど様々な「現代」を切り取るシニカルな視点が特徴的。作品の造形は本当に多種多様で、メッセージ性の強さから、その技術にはあまり注目され語られることは少なかったかと思います。

森美術館『会田誠展:天才でごめんなさい』

そんな独自の視点が広い美術館の展示室にゆったりと、時にはごちゃごちゃと置かれた様は、まさにひとつの人生を見ているような感じがしてきます。ひとつひとつの作品のクオリティーを十分に堪能できる空間で、その技術の素晴らしさにもぜひ注目してみてください。

森美術館『会田誠展:天才でごめんなさい』

たびたび「問題作」といわれるほどカルチャーショックの強い作品を発表していることもあり、本展では展覧会終盤には「18禁部屋」(満18歳以上の人しか入室できません)も登場。現代美術という手法を通して、会田さんが追及する“アート”の片鱗が眠っています。


キャンバスに描かれた代表作「ジューサーミキサー」や新作の大作「ジャンブル・オブ・100フラワーズ」など、その存在感に圧倒されるような絵画作品はぜひ多くの人に見てもらいたい逸品です。森美術館の公式iPhoneアプリでは、会田さん本人による音声ガイドも聞けるそう。展覧会とあわせて利用してみてください。



↑ PAGE TOP