MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2012.12.06

東京国立近代美術館『美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年』 (2012.12.06更新)
 

東京国立近代美術館『美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年』

2012年10月16日~2013年1月14日開催、東京国立近代美術館『美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年』。今年開館60周年を迎える東京国立近代美術館。展示室のリニューアルも終え、開館60周年を記念する展覧会として、全フロアをつかった大展示が楽しめます。ぜひ4時間ほどの鑑賞時間を見込んでお出かけください!

東京国立近代美術館『美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年』

皆さんが「美術にぶるっ」とした瞬間はいつ、どんな作品だったでしょうか。そんな普遍的ですが、とても重要な原点ともいえるテーマを掲げ、同館が所蔵する名品がこれでもか…と並んでいます。近代美術といってもジャンルは様々。ジャンル別、描かれたテーマ別に以前よりも観やすい導線で展示は進みます。

東京国立近代美術館『美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年』

日本画をまとめたコーナーでは、広々とした空間を贅沢につかっているのがとても印象的。大作を椅子に座って遠目から、近くでじっくりと…どちらでも楽しめます。そのほか、戦争画コーナーなど、同館でしか実現できないようなテーマ別の展示にも注目です。海外の作家がまとめられた部屋にさりげなく巨匠たちの作品が競演しているのも、見どころですよ。

東京国立近代美術館『美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年』

4~2階はこれまでのコレクション展をさらにパワーアップした構成。2階部分は1970年代以降、現代美術ともいえるコーナーになっています。さまざまなアプローチで展開される作品をシンプルに配置し、ゆったりと観られる…さらにエレベーター前には新進気鋭のあの作家のインスタレーションもあるので、忘れずチェックしてください。

東京国立近代美術館『美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年』

1階の、普段は企画展を行う展示室では第2部『実験場1950s』と題された約120点のかなり挑戦的な切り口の、もうひとつの展覧会が開催されています(写真はすべて第1部のものになります)。1950年代という激動の時代を美術作品だけでなく、雑誌や新聞といった当時を思い起こさせる資料とともに紹介しています。2つのまったく異なる展覧会が楽しめる、60周年を記念するスペシャルな時期といえます。



↑ PAGE TOP