MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2012.11.27

根津美術館『ZESHIN -柴田是真の漆工・漆絵・絵画-』 (2012.11.27更新)
 


2012年11月1日~12月16日開催、根津美術館『ZESHIN -柴田是真の漆工・漆絵・絵画-』。近年、とても注目されている蒔絵師の柴田是真。幕末から明治時代にかけて活躍した是真の作品が楽しめる展覧会が開催中。蒔絵だけでなく、絵画や漆絵にも着目した構成になっています。


是真のコレクションといえば、海外で収集されたものが多く紹介されていますが、本展では国内の逸品を集め、約120点の作品が展示されています。展示替えもありますが、印籠などに施された繊細な技術をじっくりと堪能できます。なんと、ここまで集約された展覧会は30年ぶりとのこと!


蒔絵の工芸品を制作する過程で、下絵というものがあります。本来は絵師が描いた下絵を元に、蒔絵を施していくのが蒔絵師ですが、是真は下絵から蒔絵までの全工程を手がけていたそう。さらには、紙に漆で絵を描く、「漆絵」も制作していました。工芸という分野だけでない活躍が垣間見えます。


是真の生み出す作品は、その意匠がなんといっても秀逸。思いつかないような斬新な構図、シンプルだけども大胆な配置などは、デザインを学んでいる方やプロのデザイナーにも良い影響を与えるのではないでしょうか。稀代のアートディレクターとしての一面にも着目してみてください。


この季節、根津美術館の庭園はまさに紅葉が見ごろを迎えています。ぜひ、是真が描いた麗しい蒔絵や絵画とともに、庭園の紅葉も楽しんでください。秋の醍醐味を思う存分味わうことのできる空間が、根津美術館で待っていますよ。



↑ PAGE TOP