MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2012.08.30

東京都現代美術館『Future Beauty 日本ファッションの未来性』 (2012.8.30更新)
 

東京都現代美術館『Future Beauty 日本ファッションの未来性』

2012年7月28日~10月8日開催、東京都現代美術館『Future Beauty 日本ファッションの未来性』。日本ファッションが持つ創造性と、その力強いデザインに潜む文化的背景に焦点を当てた「Future Beauty: 30 Years of Japanese Fashion」展は、2010年にバービカン・アート・ギャラリー(ロンドン)、2011年にハウス・デア・クンスト(ミュンヘン)で開催されました。今回、新たなコーナーを設けたかたちでの帰国展が開催中です。

東京都現代美術館『Future Beauty 日本ファッションの未来性』

20世紀後半、日本のファッションは世界でも評価されるようになっていきます。1970年代、高田賢三や三宅一生が欧米で活躍を始め、1981年には川久保玲や山本耀司がパリでデビュー。この時代のファッションから展覧会ははじまり、圧倒的な存在感を醸し出しています。

東京都現代美術館『Future Beauty 日本ファッションの未来性』

前衛的だと評された80年代、クールという表現が似合う90年代、そして2000年代という日本のファッションの30年を一気に振り返ることのできる展示は、ファッション好き、モード好きにはたまらない内容になっています。

東京都現代美術館『Future Beauty 日本ファッションの未来性』

今回は、海外での展覧会にはなかったセクションも新たに追加。「日常にひそむ物語」をテーマに、今後の方向性を示唆する若手のファッションデザイナーの作品を終盤にかけて紹介しています。

東京都現代美術館『Future Beauty 日本ファッションの未来性』

まるで、ファッション史の教科書のような展覧会。ファッションデザインを志す方などは、必ず見ておきたい展示です。自分の好きなブランドへの共感、トップブランドへの憧れ、様々な思いが錯綜する会場でぜひ自身の感性を磨いてください!



↑ PAGE TOP