MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2012.08.21

国立科学博物館『元素のふしぎ』 (2012.8.21更新)
 

国立科学博物館『元素のふしぎ』

2012年7月21日~10月8日開催、国立科学博物館『元素のふしぎ』。ちょっとユニークな展覧会が夏休みの科博で開催中です。元素と聞いて、難解な理科の授業を思い出した方も多いのでは…? そんな元素、実はこれらからこの世にあるすべてのものが形作られているんですよね。

国立科学博物館『元素のふしぎ』

本展では、そんな元素に焦点を当てて、決して難しくなく身近な題材でわかりやすくその不思議さや魅力を伝えるというもの。元素を利用した最先端技術なども紹介しているので、この展覧会に行けば、様々な元素にまつわる知識を得ることができるのです。

国立科学博物館『元素のふしぎ』

元素といっても、酸素や二酸化炭素、水素といった馴染みのあるものだけではなく、この展覧会で初めて耳にする元素もあるかと思います。日用品などを展示して、「これらのものはこの元素からできている」という構成はとってもわかりやすい! さらに子ども目線の展示位置も夏休みならではです。

国立科学博物館『元素のふしぎ』

なかでもぜひチャレンジしてもらいたいのが、元素体重計。自分がどんな元素で成り立っているのか、元素別にその重さがわかるというコーナーです。全部を足すと、体重がバレてしまうというデメリットもありますが……。

国立科学博物館『元素のふしぎ』

本展は、お子さんにもぜひ楽しんでもらいたい内容。夏休みの自由研究にはうってつけの展覧会となっています。さらに、5月に命名されたばかりの114番、116番目の元素も紹介しています。これであなたも、元素博士になれる!そんな展覧会です。



↑ PAGE TOP