MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2012.08.14

上野の森美術館『ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実~』 (2012.8.14更新)
 

上野の森美術館『ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実~』

2012年8月4日~12月9日開催、上野の森美術館『ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実~』。2004年のスイス・バーゼルを皮切りに、世界各都市を巡回し、これまで1000万人以上という驚異的な入場者数を記録した話題の展覧会がついに東京で開催されました! 考古学調査によって発見された美術的にも考古学的にも貴重な品々が日本上陸です。

上野の森美術館『ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実~』

エジプト史上、最も有名な少年王ツタンカーメン。日本でも同名の展覧会が開催され、数々の来場者記録を樹立するほど、人気の高い題材のひとつ。その半生にかかわるミステリー性と、3000年も前に作られた煌びやかな品々の美しさが、人々を魅了しています。本展は、大阪で93万人を動員。東京でも初日、開館前に800人が行列を作るほどの人気ぶりです。

上野の森美術館『ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実~』

本展では、ツタンカーメンの王墓から見つかった副葬品約50点など、日本未公開の展示品を含むエジプト考古学博物館(カイロ博物館)所蔵の122点を、元エジプト考古大臣ザヒ・ハワス博士監修のもと展示しています。「ツタンカーメンの棺形カノポス容器(ツタンカーメンの黄金のカノポス)」など、本当にうっとりするような美しい作品も!

上野の森美術館『ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実~』

そのほか、ツタンカーメンのミイラが身にまとっていた黄金の襟飾りや短剣などが並びます。小粒な作品も多いですが、そのぶんクオリティーがすばらしく、すべて宝石のような特別なオーラを放っています。子供も大人も楽しめる、まさに究極のエンターテイメントとしての展覧会を、ぜひ楽しんでください。

上野の森美術館『ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実~』

さらに、ミュージアムショップではオリジナルグッズも大充実。かまわぬとのコラボグッズのてぬぐいとまめぐいはここでしか手に入らないレアグッズです。ミュージアムショップにも忘れずに立ち寄ってくださいね。本展は混雑が予想されるため、入場整理券をお配りしてることもあるそうです。公式サイトで混雑状況をチェックしてから行くことをオススメします。また、8月19日までは開館時間が9時に前倒しになっています、ぜひご活用ください。



↑ PAGE TOP