MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2012.08.02

東京都現代美術館『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』 (2012.8.2更新)
 

東京都現代美術館『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』

2012年7月10日~10月8日開催、東京都現代美術館『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』。“特撮”とは、CGが映像分野にも取り入れられた最近ではなかなか聞かないキーワードかもしれません。そんな日本の「特撮」の映像技術に焦点を当てた、大人も子供も楽しめる展覧会が開催中です。

東京都現代美術館『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』

本展は、特撮に関する資料やミニチュアなど様々な展示品から、その魅力に迫っています。その数、なんと500点以上! さらにこの会場でしか見ることのできない、特撮映像『巨神兵東京に現わる』も必見です。スタジオジブリの映画『風の谷のナウシカ』に登場した巨神兵が再びスクリーンに戻ってきました。

東京都現代美術館『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』

また特撮といえば、真っ先に思い浮かぶのが「ウルトラマン」という方も多いのではないでしょうか? 今回はウルトラマンの生みの親である円谷プロも全面協力し、マニア必見のコーナーもあります。館長の庵野秀明氏はエヴァンゲリオンなどで知られるアニメーション監督、アニメと特撮の共通点も展示から見えてきそうです。

東京都現代美術館『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』

さらに特撮倉庫を再現したコーナーでは、ゴジラなどが雑然と置いてある光景が。日本が経済的にも勢いのあった昭和期の雰囲気が漂っています。資料によって特撮を懐かしむもよし、特撮を知らない世代の方には新鮮でわくわくするような内容の展示となっています。

東京都現代美術館『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』

特撮映像『巨神兵東京に現わる』に実際に使用されたセットも見もの。セットの中を歩きながら、巨神兵に破壊されたミニチュアの東京の街を見学することができます。最後には撮影スポットもあり、角度によって自分が巨神兵になったような構図で撮影ができます!ぜひ試してみてください。



↑ PAGE TOP