MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2012.04.27

日本科学未来館『世界の終わりのものがたり~もはや逃れられない73の問い』 (2012.4.27更新)
 

日本科学未来館『世界の終わりのものがたり~もはや逃れられない73の問い』

2012年3月10日~6月11日開催、日本科学未来館『世界の終わりのものがたり~もはや逃れられない73の問い』。すべての物事には終わりがある……じゃあ、終わりから自分のこと、周りのこと、世界のことを考えてみよう。そんな“逆”の発想から生まれた、とてもユニークな展覧会が開催中です。様々な物質の終わり、人間の終わり、文化の終わり。終わりから見つめなおすことで、今、普通に生きている毎日をとらえる角度が変わるかもしれません。展示を通して、一人ひとりが自分自身と向き合うことができる展覧会です。

日本科学未来館『世界の終わりのものがたり~もはや逃れられない73の問い』

展覧会会場に入ると、73の質問があり、ひとつひとつを考えながら展示は進んでいきます。しかし、会場にその答えは存在しません。「あなたの身をおびやかす危険が予測できるとしたら、知りたいですか?」、「大好物をあなたはずっと食べ続けていたいですか?」など、その問いにまつわる展示作品や資料もあわせて紹介しています。大好物のナポリタンを食べ続ける映像の中の男性……、それを見たあなたは、本当に大好きな食べ物を、数年後も変わらず大好きといえる自信があるか、きっと自問自答すると思います。

日本科学未来館『世界の終わりのものがたり~もはや逃れられない73の問い』

3月11日に発生した東日本大震災は、今まで当たり前だと思ってきた日常が、突然終わりを告げてしまうという体験を身をもって知った出来事でもありました。だからこそ、終わりがあるという認識の中で、なにが大切か、なにをして生きたいかをこの展覧会は問いかけます。といっても、堅苦しいものではなく、会場は木目が特徴的な展示作品をはじめ、注目のデザイナーを迎えてセンスあふれる空間を創造しています。空間、グラフィック、照明など、それぞれの分野で活躍する若手クリエイターの競演にも注目です。

展覧会にちなんで、人気パティシエ・鎧塚俊彦さんが「世界の終わり」をテーマに作ったオリジナルスイーツが5月の祝日休日限定で堪能できる企画も!(1日50個限定) ここでしか味わえない「ルネサンス」と名付けた新作スイーツ、ぜひ展覧会と一緒に楽しんでください。GWは、本展のほか、NHKスペシャル「宇宙の渚」特別上映イベントや、金環日食にちなんだイベントなどが開催されます。親子でもカップルでも、そしてひとりでも楽しめるGWの日本科学未来館に、ぜひ足を運んでみてください。



↑ PAGE TOP