MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2012.04.17

埼玉県立近代美術館『草間彌生 永遠の永遠の永遠』 (2012.4.17更新)
 

埼玉県立近代美術館『草間彌生 永遠の永遠の永遠』

2012年4月14日~5月20日開催、埼玉県立近代美術館『草間彌生 永遠の永遠の永遠』。世界的な現代美術家として活躍する草間彌生さんの展覧会が大阪から埼玉にやってきました。前会場の国立国際美術館では、20万人超えの動員を記録、この数字は国立国際美術館で開かれた現代美術の展覧会では最多記録とのこと。今回は、80代になった草間さんの手がけた、最新の創作活動を紹介するもの。今でも衰えることのない画力に圧倒されること間違いなしです。

埼玉県立近代美術館『草間彌生 永遠の永遠の永遠』

草間さんといえば、半世紀以上にわたり水玉や網の目といった印象的なシリーズ作品を作り続けてきました。今回は絵画作品を中心に、無限に湧き出る彼女の想像力が具現化されたようなカラフルな作品が並びます。そして、2004年から3年間で一気に描き上げた「愛はとこしえ」シリーズはモノクロの線画から力強さを感じさせます。さらに、草間さんらしいインスタレーションの数々も展示。なかには撮影OKの作品もありますので、ぜひ草間さんの代表作の「南瓜」と記念撮影してみてください!

埼玉県立近代美術館『草間彌生 永遠の永遠の永遠』

展示室だけでなく、美術館入口から草間彌生ワールドははじまっています。吹き抜け部分には巨大な「ヤヨイちゃん」がお出迎え。館全体がとても楽しい空間に生まれ変わっています。展覧会に行く前、行った後には、iPhone公式アプリで展示作品を楽しむのもオススメです。図録と同様のデータが500円で購入できてしまう、とってもお得なアプリも好評発売中。展覧会は会期中無休です!



↑ PAGE TOP