MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2012.01.18

横浜美術館『松井冬子展─世界中の子と友達になれる─』 (2012.1.18更新)
 

横浜美術館『松井冬子展─世界中の子と友達になれる─』

2011年12月17日~2012年3月18日開催、横浜美術館『松井冬子展─世界中の子と友達になれる─』。今、最も旬な作家のひとりといえる、画家・松井冬子。その全貌がわかる展覧会が開催中です。まるで作家人生を回顧するような内容の展覧会ですが、彼女はまだ1974年生まれという作家の中でも若手の部類。しかし、その独特すぎる世界観、卓越した価値観は、すでに大物といっていいほど。その美貌からファンも多く、連日多くの人でにぎわっています。

横浜美術館『松井冬子展─世界中の子と友達になれる─』

今回の展覧会のタイトルともなっている「世界中の子と友達になれる」は、作品名から取ったもの。実は、このタイトルの作品は2点あります。1点は東京藝術大学の卒業制作として作られ、彼女の代表作として知られています。今回はこの代表作が出来上がるまでの試行錯誤の軌跡を伝える下絵、厳密に描き込んだデッサンなどもあわせて紹介し、彼女の創作の裏側に迫っています。もう1点との描かれたモチーフとの差なども楽しめます。

横浜美術館『松井冬子展─世界中の子と友達になれる─』

本展は新作も含む約100点を展示しています。一見、グロテスクな印象が先走る松井冬子の世界ですが、計算されつくした構図や繊細なタッチからは、どこか作家の優しさや弱さといった面も感じ取ることができるのではないでしょうか。これからもさらなる進化を遂げるであろう、松井冬子のこれまでと今が詰まった展覧会です、現代アート好きな方は必見!



↑ PAGE TOP