MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2012.01.05

東京国立博物館『北京故宮博物院200選』 (2012.1.5更新)
 

東京国立博物館『北京故宮博物院200選』

2012年1月2日~2月19日開催、東京国立博物館『北京故宮博物院200選』。日中国交正常化40周年を迎える2012年、東京国立博物館も開館140周年を迎えます。1月2日から開催している本展は、中国の名品たちが日本に大移動したかのような展覧会。なかでも、中国国外に初めて出品された「清明上河図」は中国の誰しもが知っているほどの名品中の名品。期間限定で公開中です。

東京国立博物館『北京故宮博物院200選』

明時代の永楽帝から清時代の宣統帝溥儀まで24人の皇帝が居城とした紫禁城に由来する北京故宮博物院から、選りすぐりの名品約200件が来日しています。これまで門外不出とされていた書画をはじめ、青銅器や玉器などが並びます。会場内は赤と黄色に彩られ、中国美術の素晴らしさがひしひしと伝わってくる、歴史を知らなくとも楽しめる一品ばかりが展示されています。

東京国立博物館『北京故宮博物院200選』

本展は初日から、「清明上河図」目当ての来場者で大行列ができています。作品前でも鑑賞待ちの行列ができるため、閉館時間を過ぎても最後のお客様が鑑賞するまで博物館を開けているという徹底ぶり。公式サイトでも会場の最新情報を発信していますので、事前にチェックしてからご来場することをお薦めします。さらに本館5室では故宮博物院のVR映像も楽しめます!



↑ PAGE TOP