MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2011.11.15

三菱一号館美術館『トゥールーズ=ロートレック展』 (2011.11.15更新)
 

三菱一号館美術館『トゥールーズ=ロートレック展』

2011年10月13日~12月25日開催、三菱一号館美術館『トゥールーズ=ロートレック展』。同館所蔵のトゥールーズ=ロートレックのコレクション展が開催中。同館が所蔵するロートレックのポスター及びリトグラフは、ロートレック自身が生前自分のアトリエにおき、今日までそのまま伝えられた貴重な品々。同館が管理することになってから初の展覧会となります。ロートレックの展覧会は日本でも多く開催されてきましたが、今回の展覧会はとても洗練された内容になっています。

三菱一号館美術館『トゥールーズ=ロートレック展』

同コレクションをロートレックの没後に引き継いだのが、親友だった画商のモーリス・ジョワイヤン。アルビにあるトゥールーズ=ロートレック美術館を設立することにも尽力した人物でした。このトゥールーズ=ロートレック美術館と三菱一号館美術館は姉妹館提携をしていて、今回は貴重な油彩画なども来日しています。代表的なポスター作品はもちろんのこと、それらがとても状態のいいかたちで観賞できるのも見どころといえます。

三菱一号館美術館『トゥールーズ=ロートレック展』

さらに、身近な人へ向けた献辞やサインのある作品、そして親しい友人たちを招いて自身が料理を振舞った晩餐会のための自作の招待状やメニューカードなども展示されています。ロートレックの私的な生活という今まで垣間見ることができなかった一面も感じられるのも本展の特徴。ぜひ、三菱一号館ならではのロートレックの展覧会をお楽しみください。



↑ PAGE TOP