MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2011.10.25

東京都写真美術館『畠山直哉展 Natural Stories』 (2011.10.25更新)
 

東京都写真美術館『畠山直哉展 Natural Stories』

2011年10月1日~12月4日開催、東京都写真美術館『畠山直哉展 Natural Stories』。日本で旬な写真家といえば、真っ先に名前が挙がる写真家・畠山直哉。彼の作品の中核を担ってきた、「自然と人間との関わり」というキーワードから初期から新作までの作品を紹介。その世界観を会場全体で表現している。

東京都写真美術館『畠山直哉展 Natural Stories』

代表的な被写体として、石灰岩や石炭といった鉱物資源に関わる工場や採掘現場、その跡地などを捉えたシリーズが真っ先に浮かぶ畠山さんの作品ですが、この展覧会のはじまりは一県自然が作り出したと思える山。しかし、この山は人工物であり、そのウィットに飛んだメッセージ性もぜひ逃すことなく発見してほしい、そんな展示になっています。

東京都写真美術館『畠山直哉展 Natural Stories』

そして、畠山さんの生まれ育った陸前高田市を撮影したシリーズに、思わず足が止まる人もきっと多いと思います。これまで当たり前のようにフォルムに収められてきた東日本大震災以前の故郷と、それ以後。スライドショーとパネルに展示された作品の対比は、想いの対比でもあります。自然と人間が生み出す事実としてある景色、それが収められた作品には、とても重く深い部分に突き刺さるパワーが込められています。



↑ PAGE TOP