MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2011.08.09

ホキ美術館『時を越えて 静物と風景画展』 (2011.08.09更新)
 

ホキ美術館『時を越えて 静物と風景画展』

2011年5月28日~11月13日開催、ホキ美術館『時を越えて 静物と風景画展』。昨年11月に開館した同館では、現在開館記念第2回目の展覧会が開催中。日本発の写実専門の美術館ならではに、写実の中から対象を限定してテーマを生み出しています。今回は静物と風景をモチーフとした作品ばかりを集め、約60点で構成されています。

ホキ美術館『時を越えて 静物と風景画展』

テーマは花、果物、グラスや壺、生物、動物、日本の自然を切り取った深遠なる風景、イギリス、フランスの田園風景など様々。どれも実物のような精巧さと、どこか温かみのある筆致が特徴です。静物画においては、フランドル絵画のような構成もありますし、現代的な斬新な構成の作品も。それぞれに違った魅力を放っています。

ホキ美術館『時を越えて 静物と風景画展』

写実絵画は1枚1枚が作家にとって渾身の作。かなりの時間をかけて制作していて、それぞれに作家の想いが込められています。今回はこの展覧会のために9点の描きおろし作品も人気作家が新作として提供。作家ごとにちがう、写実絵画のおもしろさを堪能してみてください。



↑ PAGE TOP