MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2011.07.01

三菱一号館美術館『もてなす悦び— ジャポニスムのうつわで愉しむお茶会』 (2011.07.01更新)
 

三菱一号館美術館『もてなす悦び— ジャポニスムのうつわで愉しむお茶会』

2011年6月14日~8月21日開催、三菱一号館美術館『もてなす悦び— ジャポニスムのうつわで愉しむお茶会』。西洋で生まれた日本文化に対する愛着とその表現は、日本人からみてとても斬新なものでした。そんな「ジャポニスム」の優美な作品、とくに陶磁器に着目した展覧会がはじまりました。イギリスやアメリカで制作された日常使いもできる高級品たち約250点が展示されます。

三菱一号館美術館『もてなす悦び— ジャポニスムのうつわで愉しむお茶会』

日本でも人気の高い高級ブランドの製品の数々が展示されるのが見どころのひとつ。ミントンやロイヤルウースターなどの陶磁器、ティファニーをはじめとする銀器やガラス作品といった作品が“おもてなし”をテーマとした展示空間に並ぶ様子は、おそらく女性なら誰でもうっとりするものばかりです。陶磁器に描かれたモチーフもロマンチックなものが多く、1点1点の技術の高さもうかがえます。

三菱一号館美術館『もてなす悦び— ジャポニスムのうつわで愉しむお茶会』

さらに当時の陶磁器制作を今に伝える水彩素描や版画集『レスタンプ・オリジナル』なども紹介されています。海外の視点でとらえた日本の素晴らしさは、自然を芸術表現に生かす精神の素晴らしさともいえます。また作品を通して、自分の生活を一歩素敵に彩るアイデアをもらえる、そんなエッセンスも満載な展覧会です。



↑ PAGE TOP