MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2011.06.17

Bunkamuraザ・ミュージアム『花の画家 ルドゥーテ「美花選」展』 (2011.06.17更新)
 

Bunkamuraザ・ミュージアム『花の画家 ルドゥーテ「美花選」展』

2011年5月29日~7月3日開催、Bunkamuraザ・ミュージアム『花の画家 ルドゥーテ「美花選」展』。マリー=アントワネットに植物画を教えるなどの活躍をした画家、ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ。歴史の流れとともに当時の第一線の王侯貴族に愛された植物画が美術館中を彩っています。同館では3回目となるという、ルドゥーデの展覧会。今回は貴重な水彩画ばかりを集めた贅沢な内容となっています。

Bunkamuraザ・ミュージアム『花の画家 ルドゥーテ「美花選」展』

上流階級の人々から、「花のラファエロ」あるいは「バラの画家」などと呼ばれたほどのルドゥーテの才能は、植物学的にも正確で実物を忠実に描くことで知られています。なおかつ、独特の繊細さと優美さを兼ね備えた画風は、芸術性もとても高く、世界的にも今も多くのファンがいるほど。バラの作品においても、様々な種類のものを掻き分ける技術はさすが。ぜひ実際に確かめてみてください。

Bunkamuraザ・ミュージアム『花の画家 ルドゥーテ「美花選」展』

水彩画はヴェラム(羊皮紙)に描かれていて、原画ならではの美しい色彩が楽しめます。またこの展覧会閉幕とともに改修工事で年内は休館するBunkamuraザ・ミュージアム。今年、同館での展覧会を楽しめるのはこのチャンスだけです!



↑ PAGE TOP