MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2011.06.03

東京都庭園美術館『森と芸術 私たちの中にひそむ森の記憶をたどってみよう』 (2011.06.03更新)
 

東京都庭園美術館『森と芸術 私たちの中にひそむ森の記憶をたどってみよう』

2011年4月16日~7月3日開催、東京都庭園美術館『森と芸術 私たちの中にひそむ森の記憶をたどってみよう』。“森”というキーワードで、一体何を連想しますか? 本展は、「人間にとって森とは何か」という問いかけをテーマに芸術作品からその答えを探してみようという試みです。森に人間が感じる一種のノスタルジアは美術品にも多く反映されてきました。会場に広がる特別な森の世界に浸ることができます。

東京都庭園美術館『森と芸術 私たちの中にひそむ森の記憶をたどってみよう』

森、といってもその範囲はとても広く、そして深い……森の神話・伝説を描く絵画をはじめ、直接的に森が描かれた風景画、植物や森に棲む動物たち。さらには森というキーワードにインスパイアされ、作り出された架空の世界がそれぞれの作品で展開されています。

東京都庭園美術館『森と芸術 私たちの中にひそむ森の記憶をたどってみよう』

庭園美術館も都心の森の中に存在し、まさにこの展覧会の企画にピッタリな立地。そんな同館の創建当初の朝香宮邸とその庭園の様子を中心に紹介しているコーナーもあります。さらに本展では、森にちなんでドレスコード割引も実施されています。どこかに「きのこ」モチーフのものを身に付けていると100円引きになるというもの。ぜひ活用してみてください。



↑ PAGE TOP