MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2011.05.02

ヴァンジ彫刻庭園美術館『東海道 新風景―山口晃と竹崎和征』 (2011.05.02更新)
 

ヴァンジ彫刻庭園美術館『東海道 新風景―山口晃と竹崎和征』

2011年4月24日~8月30日開催、ヴァンジ彫刻庭園美術館『東海道 新風景―山口晃と竹崎和征』。クレマチスの丘にあるヴァンジ彫刻庭園美術館では、地元・静岡ならではの「東海道」をテーマにした現代美術作家ふたりの競演が楽しめる展覧会を開催中。まったく異なる表現で「東海道」を料理する、山口晃さんと竹崎和征さんの二人展です。

ヴァンジ彫刻庭園美術館『東海道 新風景―山口晃と竹崎和征』

ミュージアムカフェのチラシビジュアルを描き下ろしでいただいた山口晃さんは三島市内のふと目に留まった風景や人々の一時を墨一色で描く連作を展示しています。コンクリート打ちっぱなしの現代建築に和の風を……という演出からか、作品から上を見上げると庇がしつらえてあります。さらに今回は静岡県立がんセンターが所蔵する「階段遊楽圖」も出品、展覧会で観られるのはこれが初めてだそうです。

ヴァンジ彫刻庭園美術館『東海道 新風景―山口晃と竹崎和征』

竹崎和征さんは三島界隈に滞在して制作した新作を展示しています。実際に感じた土地の空気感を大事にしながら、この土地が過ごした時間の経過を表現しているそう。クレマチスの丘は初夏にかけて庭園の花々も見ごろを迎えています。会期も長いので、ドライブなどの小旅行にもピッタリ!なオススメの展覧会です。



↑ PAGE TOP