MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2011.02.02

国立新美術館『第14回 文化庁メディア芸術祭』 (2011.02.02更新)
 

国立新美術館『第14回 文化庁メディア芸術祭』

2011年2月2日~2月13日開催、国立新美術館『第14回 文化庁メディア芸術祭』。メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的として、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4ジャンルにおいて、応募作品のなかから優れた作品に文化庁メディア芸術祭賞を贈賞するという平成9年度から始まった事業であり、東京では毎年この時期に受賞作品展が開催されています。

国立新美術館『第14回 文化庁メディア芸術祭』

今回は世界49ヶ国から応募のあった2645作品から選ばれた作品、171点を紹介しています。マンガやアニメーションのジャンルでは、実際に商業作品として広く知られているものもあり、また同時にオリジナルの作品も多く、再発見と新発見がつまった展示になっています。体験型のエンターテイメント作品では、実際に作品を体感できるものも多く、ついつい長居してしまう楽しい会場になっていました。

国立新美術館『第14回 文化庁メディア芸術祭』

今回は同館のほか、近隣の東京ミッドタウンにも会場を設置して作品を楽しむことができます。またスマートフォン向け公式アプリや会期中のUストリーム中継など先駆的なプロジェクトも実施していて、会場だけでなく、メディアを駆使した楽しみ方を提案しています。シンポジウムなどのイベントも満載、ぜひチェックしてみてください。



↑ PAGE TOP