MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2010.12.09

森美術館『小谷元彦展 幽体の知覚』 (2010.12.09更新)
 

森美術館『小谷元彦展 幽体の知覚』

2010年11月27日~2011年2月27日開催、森美術館『小谷元彦展 幽体の知覚』。彫刻をメインに様々な表現方法で非日常を表現する作家・小谷元彦さんの個展が開催されています。表現方法もさることながら、作品の完成度とその美意識が国内外で高い評価を受けていて、2003 年にはヴェネツィア・ビエンナーレ日本館代表の一人として選ばれるなどの活躍をみせる、旬な作家のひとりといえます。

森美術館『小谷元彦展 幽体の知覚』

創作テーマのひとつでもある、痛みや恐怖といった身体感覚や精神状態を浮き彫りにするような作品がとくに注目を集める会場内では、視覚的に動物や少女といったモチーフを怪しげなエッセンスで加工をしている作品、実際に体験をして「恐怖」を感じることのできるインスタレーションなどが展示されています。それぞれの作品に対する距離感で、如何様にも見せ方が変化する、不思議な作品ばかりです。

森美術館『小谷元彦展 幽体の知覚』

本展では、小谷氏の作品の本質を探ることのできる絶好の機会。10年以上にわたって発表されてきた初期作品から最新作までを一堂に集めているので、作品の変遷とともに新作も楽しめます。「映像彫刻」とも呼ぶべき体験型の大型映像インスタレーションは、本当に五感を刺激されるエキセントリックな作品です。贅沢な空間に広がる世界を堪能してください。



↑ PAGE TOP