MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2010.12.07

逓信総合博物館『年賀博覧会』 (2010.12.07更新)
 

逓信総合博物館『年賀博覧会』

2010年11月27日~2011年1月30日開催、逓信総合博物館(ていぱーく)『年賀博覧会』。約500点の様々な年賀に関する展示が開催されています。日本では、“年賀状”を送る風習が今や定番となっていますが、そういった慣わしが盛んにはじまった時代から現代までを俯瞰して紹介。明治時代の様子を紹介するイラストは、今見ても斬新でセンスあふれるものばかりで、アート鑑賞としてもとてもおもしろい作品が並んでいます。

逓信総合博物館『年賀博覧会』

さらに、懐かしい資料も満載。とくに明治から始まった「年賀はがき」の歴代の切手デザイン、お年玉付き年賀はがきのデザインを一気に展示しています。この数は圧巻! 切手の値段の違いで、時代を感じながら自分の干支が描かれた年を追っていくのも楽しいかもしれません。

逓信総合博物館『年賀博覧会』

最後のコーナーでは、小倉遊亀、片岡球子ら日本画の巨匠が原画を手がけた「絵入り年賀はがき」を紹介しています。なんと原画も並んでいて、錚々たる顔ぶれの作家陣が描く吉祥を堪能できます。ここの空間だけ、日本画の美術館のよう。日本の正月を、各々の有名作家がどう描き、その葉書がどの年を彩ったか、自分の歴史と照らし合わせながら鑑賞することができます。



↑ PAGE TOP