MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2010.10.21

根津美術館『創立70周年記念特別展 南宋の青磁』 (2010.10.21更新)
 

根津美術館『創立70周年記念特別展 南宋の青磁』

2010年10月9日~11月14日開催、根津美術館『創立70周年記念特別展 南宋の青磁』。青磁の生み出す青緑の世界。その色を宙色にたとえ、薄暗い会場にぼんやりと宙色のうつわが浮かび上がります。昨年10月にリニューアルオープンした同館、それから1年が経ち、また美術館創設70周年を記念して開催されるのが本展。昭和16年の開館まもない根津美術館が開催した「支那青磁展」という展覧会があり、これが青磁の美しさを日本に紹介した最初の展覧会だったことにちなんでいます。

根津美術館『創立70周年記念特別展 南宋の青磁』

青磁のなかでも、中国の南宋時代(1127~1279)に制作された作品を中心に展示しています。この時代の作品は、とても美しく日本にも輸出されていました。日本でもこの青磁の美しさは広く愛されています。国宝2件を含む65件前後のうち、同館所有は10件。国宝や重要文化財が競演する最初の展示室は、青磁の美しさが凝縮された、特別な空間になっています。

根津美術館『創立70周年記念特別展 南宋の青磁』

そして日本の博多や京都、鎌倉、東京といった都市の遺跡で出土した南宋青磁の陶片群も見もの。どんなかたちだったのか、どんな運命を辿ったのか、ひとつの陶片から様々な思いを馳せることができます。約70年前の同館での展覧会から、日本での青磁についての研究も進んでいます。その成果を知ることができるという意味でも貴重な展覧会。ぜひ静謐な空間で、宙の世界に浸ってください。



↑ PAGE TOP