MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2010.09.27

江戸東京博物館『隅田川』 (2010.09.27更新)
 

江戸東京博物館『隅田川 ~江戸が愛した風景~』

2010年9月22日~11月14日開催、江戸東京博物館『隅田川 ~江戸が愛した風景~』。もうすぐ、隅田川の新名所として東京スカイツリーが完成します。隅田川を臨む景色も時代とともに変遷を遂げている、そんな着眼点から生まれた展覧会が開催中。同館が20年以上にわたって収集してきた隅田川に関する作品や資料から、江戸の人々に愛された川の存在を浮き彫りにしていきます。

江戸東京博物館『隅田川 ~江戸が愛した風景~』

隅田川は江戸時代、輸送の大動脈であると同時に、観光名所としても多くの人でにぎわっていたそうです。当時の浮世絵などにも多く描かれてきました。描かれた隅田川の多彩な世界は江戸を中心としたものから、現代に至るまで様々な形態の作品が展示されています。なかでも目を引くのが「影からくり絵」と呼ばれる作品。隅田川の夜の風景を夜景がボワ~っと照らし出されるというからくりは、写真の様でもあり絵画でもあるとてもおもしろい作品です。

江戸東京博物館『隅田川 ~江戸が愛した風景~』

川沿いで感じる四季に注目した作品も多数展示されています。桜を愛でる春、大輪の花火でにぎわう夏、そして雪化粧をした冬……。そんななか、秋にまつわる作品はなかなかなかったということで、3つの季節のみ展示がされています。芸術の秋、他の季節に想いを馳せながら鑑賞するのもいいかもしれませんね。



↑ PAGE TOP