MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2010.09.13

損保ジャパン東郷青児美術館『ウフィツィ美術館自画像コレクション』 (2010.09.13更新)
 

損保ジャパン東郷青児美術館『ウフィツィ美術館自画像コレクション』

2010年9月11日~11月14日開催、損保ジャパン東郷青児美術館『ウフィツィ美術館自画像コレクション 巨匠たちの「秘めた素顔」1664-2010』。この展覧会はとても風変わりなテーマがおもしろく、17世紀~現代までの巨匠たちの作品が一気に楽しめる点でも貴重な展覧会といえます。フィレンツェにあるイタリア最大級の美術館、ウフィツィ美術館のコレクションから約70点、作家の自画像ばかりが展示されています。

損保ジャパン東郷青児美術館『ウフィツィ美術館自画像コレクション』

これら自画像はウフィツィ美術館にあるヴァザーリの回廊に並んでいるもの。この回廊は1565年、画家であり建築家でもあったジョルジョ・ヴァザーリによって造られたもので、その長さは約1kmにもおよびます。予約制ということもあってか、ウフィツィ美術館にこんな自画像コレクションがあったということを知らない人も多いのでは? 作品は様々な描き方をされていますが、時代順に並んでいることもあり、自画像の当時のテイストというものをうかがい知ることができます。

損保ジャパン東郷青児美術館『ウフィツィ美術館自画像コレクション』

近代~現代のコーナーでは「これが自画像?」と思わせるユニークな作品も多く、自画像というひとつのジャンルの幅の広さが感じられます。今回の展覧会を記念して、日本が誇る現代作家、草間弥生、横尾忠則、杉本博司の3氏の自画像が寄贈されることに。さらに本展で特別出品されています。この3作品がウフィツィ美術館で観ることができる日もまた楽しみですね。



↑ PAGE TOP