MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2010.08.20

世田谷美術館『ザ・コレクション・ヴィンタートゥール』 (2010.08.20更新)
 

世田谷美術館『ザ・コレクション・ヴィンタートゥール』

2010年8月7日~10月11日開催、世田谷美術館『ザ・コレクション・ヴィンタートゥール』。スイス北部に、ヴィンタートゥールという小さな都市があります。人口10万ほどの都市にもかかわらず、質の高い美術コレクションを持つ3つの美術館(ヴィンタートゥール美術館、オスカー・ラインハルトのコレクションを所蔵する2つの美術館)があり、資産家たちが数多くの美術品を集めた優れた街として知る人ぞ知る文化都市なのです。本展では、そのヴィンタートゥール美術館から90点の作品がやってきました。

世田谷美術館『ザ・コレクション・ヴィンタートゥール』

今回の90点、なんとすべてが日本初公開! 美術館の改修工事に伴い、名品たちが海外へ巡回できる貴重な機会に恵まれました。19世紀半ば~20世紀半ばまでのヨーロッパ美術を名だたる作家の初公開作品でたどることができます。ドラクロワに始まり、コロー、モネ、ピサロ、ルノワール、ファン・ゴッホ、ルドン……絶対にひとりは好きな作家がいるはず!というくらいの豪華な布陣、かつこれまで日本に来たことのない作品が観れるのです。

世田谷美術館『ザ・コレクション・ヴィンタートゥール』

さらに、スイスやドイツの注目作家もあわせて紹介しています。「オルセー美術館展2010」でも人気の高かったナビ派の作品とともに、スイスの画家・ヴァロットンの作品が5点も展示されているのもみどころのひとつ。さらにスイスの巨匠・ジャコメッティの作品も4点来日しています。ヨーロッパ美術の教科書のような展覧会であり、スイスの美術の流れを感じることもできる展覧会、必見です。



↑ PAGE TOP