MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2010.08.11

ブリヂストン美術館『ヘンリー・ムア 生命のかたち』 (2010.08.11更新)
 

ブリヂストン美術館『ヘンリー・ムア 生命のかたち』

2010年7月31日~10月17日開催、ブリヂストン美術館『ヘンリー・ムア 生命のかたち』。ヘンリー・ムア、名前くらいは誰しもが聞いたとこがあるのではないでしょうか。20世紀後半のイギリスを代表する彫刻家であるムアは大理石やブロンズから生み出す大型の彫刻作品で有名な作家です。そのカタチはどこかできっと目にしたことがあるはず、というくらい著名かつパブリックアートとして世界中で作品を鑑賞することができます。

ブリヂストン美術館『ヘンリー・ムア 生命のかたち』

しかし、彼の作品は彫刻だけにとどまりません。本展では、彫刻作品はもちろんなこと、紙の作品も紹介しています。彫刻制作のための下絵をはじめ、貴重な《ストーンヘンジ》の版画シリーズ19点も一挙公開。遺跡として謎めいた魅力のあるストーンヘンジに魅せられたムアの視点が伝わってくる作品です。素描や水彩はそれ自身がクオリティーの高い作品として、存在感を放っています。

ブリヂストン美術館『ヘンリー・ムア 生命のかたち』

イギリスの美術界から支援を受け、また本人の質素な性格もあり、彼の得た富は死後、そのほとんどが財団に寄付され、美術教育などに役立てられているそうです。彫刻作品でも永遠のテーマとして制作され続けた人間と自然の融合を感じさせる「人体」や「母と子」などからは、どこか愛らしい表情が感じられます。石やブロンズとは思えない温かみのある作品を、ぜひ生で見てみてください。



↑ PAGE TOP