MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2010.07.26

東京都現代美術館『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』 (2010.07.26更新)
 

東京都現代美術館『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』

2010年7月17日~10月3日開催、東京都現代美術館『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』。現在、絶賛公開中のスタジオジブリの新作映画「借りぐらしのアリエッティ」。その世界観が体感できる展覧会がこちら! 主人公・アリエッティは小人、その小人の感覚で人間化生活する空間を擬似体験できてしまう巨大で豪華なセットが作られ、その中を探検するような構成になっています。大人も子どもの楽しめる、極上のファンタジーが展覧会を作り出しています。

東京都現代美術館『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』

そんな展示会場を生み出したのが、美術監督の種田陽平さん。数々の映画に携わり、映画の世界観を作り出してきました。そんな種田さんの職人技とスタジオジブリの世界が一つになった空間は、もちろんここだけ。大きなタンポポや雑草が生える中を散歩したり、壁には巨大なホッチキスの針が刺さっているアリエッティの部屋をのぞいてみたり……不思議な体験が待っています。

東京都現代美術館『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』

さらに、後半は種田さんのこれまでの仕事を振り返る展示もあります。参加した映画作品は「スワロウテイル」「キル・ビル Vol.1」「フラガール」「ザ・マジックアワー」などなど……その数もさることながら、ほぼすべてがヒット作や話題作ばかり。新作では「悪人」などの舞台設定もこの展示で一足先に知ることができます。映画に詳しくない人でも必ず知っている作品に出会える、その映画の世界を懐かしんで楽しい気分になれる、そんな後半の展示もお見逃しなく。最後にはアリエッティのイメージイラストも多数展示されています。



↑ PAGE TOP