MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2010.05.28

国立新美術館『オルセー美術館展2010 ポスト印象派』 (2010.05.28更新)
 

国立新美術館『オルセー美術館展2010 ポスト印象派』

2010年5月26日~8月16日開催、国立新美術館『オルセー美術館展2010 ポスト印象派』。“ベスト・オブ・オルセー展”と呼ばれるほどの名品が揃った展覧会がついに開幕! 今展ではフランスのオルセー美術館が改修工事中のため、滅多に館外に出ることのない巨匠の名作が一挙来日しています。錚々たる作家陣の絵画は、どれもが目玉作品ばかりです。

国立新美術館『オルセー美術館展2010 ポスト印象派』

じっくりと1点1点鑑賞できるようにと、作品間の距離がかなり広いのが展示の特徴。わかりやすいように作家や画風別に構成されています。会場である国立新美術館にしては普段の白くて開放感のある雰囲気とは趣きの異なる上部を黒い壁にして、照明も暗い展示室はいつもと違った特別感を演出しているかのようです。19世紀末のポスト印象派と呼ばれる時代に活躍した作家の115点が並びます。

国立新美術館『オルセー美術館展2010 ポスト印象派』

なかでも注目は「ゴッホとゴーギャン」の章。ゴッホの『自画像』や『アルルのゴッホの寝室』、そして『星降る夜』が一列に並んだ会場は豪華そのものです。さらに一昨年に展覧会が開催され、人気を呼んだハンマースホイの『休息』も来日中。観た人それぞれがナンバー1の作品を言い合うなんて鑑賞方法も楽しいかもしれません。またミュージアムグッズも充実しています。iPhoneカバーなど最新グッズも登場していますので、こちらもチェックしてみてください。



↑ PAGE TOP