MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2010.03.30

横浜美術館『ポンペイ展 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡』 (2010.03.30更新)
 

横浜美術館『ポンペイ展 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡』

2010年3月20日~6月13日開催、横浜美術館『ポンペイ展 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡』。ポンペイといえば、西暦79年、イタリア南部のヴェスヴィオ山が大噴火し、ポンペイやその周辺の街々は火山灰の下に埋没してしまった悲劇の歴史都市。当時の姿を残したまま、およそ1700年の眠りについたその発掘作業で見つかった品々から、約2000年前のポンペイに生きた人々の息吹を感じ取ることができます。5会場を巡回する大規模展が横浜にやってきました。

横浜美術館『ポンペイ展 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡』

今展ではナポリ国立考古学博物館の全面的な協力のもと、ポンペイからの出土品を中心に、日本初公開を含む壁画、彫刻、工芸品、日用品など約250点を紹介しているそうです。ナポリ国立考古学博物館はヨーロッパで最も古く大きな博物館のひとつ。イタリアを代表する博物館の収蔵品は、とくにモザイク画やフレスコ画などが魅力的。

横浜美術館『ポンペイ展 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡』

さらにイタリア国外にはじめて出品されたという約60点の銀食器群などの日用品からは当時の生活風景がよみがえってきます。今展の目玉の一つでもある一部の富裕層の住宅にあったとされる個人用の給湯付浴槽をみると、現代とあまり変わらない日常生活に驚くばかりです。近年の調査でさらに新発見を続けるポンペイ発掘調査。その最新成果も含め、見どころ満載の展覧会です。



↑ PAGE TOP