MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2010.03.14

国立新美術館『アーティスト・ファイル2010 現代の作家たち』 (2010.03.14更新)
 

国立新美術館『アーティスト・ファイル2010 現代の作家たち』

2010年3月3日~5月5日開催、国立新美術館『アーティスト・ファイル2010 現代の作家たち』。今年で3回目となる「アーティスト・ファイル」。国立新美術館が国内外の新進作家のなかから注目すべき活動を展開している面々を選抜して紹介するというアニュアル式の展覧会。今年は国内から6名、海外から1名の7名の作家を個展形式で紹介しています。天井高の広々とした空間を作家たちが思い思いに演出して表現を繰り広げている、7人の競演が必見です。

国立新美術館『アーティスト・ファイル2010 現代の作家たち』

今回の作家陣は30歳~50歳代まで幅広い世代が集結。絵画、映像、立体などが展示されています。なかでも目を引く作品として福田尚代さんの言葉や文字に注目している作品はとても魅力的でした。文庫本にグリーンの刺繍が施され、それらからは抜粋されたメッセージを読み解くことができます。言葉にまつわる作品がひとつのインスタレーションとして会場を構成し、言葉の世界の真ん中に自分がいるような、そんな気分にさせてくれる空間です。

国立新美術館『アーティスト・ファイル2010 現代の作家たち』

さらに後半は天井いっぱいまで作品を飾った圧巻の展示を繰り広げているO JUNさん。こちらは絵画やドローイング、版画といった平面作品をまるでアトリエのように壁中に配置してあります。ひとつひとつの作品の質ももちろんですが、日常のひとコマを描いた素朴でもあり、どこか非日常さも感じる描き方からはまさにO JUNワールドに迷い込んだような錯覚を覚えます。まさに「現代」の作家たちの個性が詰まっている展覧会。G.W.まで開催していますので、ぜひ足を運んでみてください!



↑ PAGE TOP