MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2015.02.05

原美術館『蜷川実花:Self-image』
 


2015年1月24日~5月10日開催、原美術館『蜷川実花:Self-image』。極彩色の鮮烈な写真で知られる写真家・蜷川実花氏。近年は映画『さくらん』、『ヘルタースケルター』やミュージックビデオなどの映像作品の監督をはじめ、ファッションデザイナーとのコラボレーションなど活動の幅を広げ、 独自の世界観を確立、とくに若い女性から絶大な支持を受けています。


数多くの写真集、そして展覧会を開催してきた蜷川氏が原美術館という日本の現代美術シーンにとって外せない特殊な場所で見せるテーマが〈Self-image(セルフイメージ)〉。本展は、断続的に捉えてきたセルフポートレートをはじめ、未発表作を中心とした近作、新作を通して、彼女の新たな一面を知ることができる展示となっています。


1階のあらゆる壁を覆い尽くすのは、闇や影の部分に目を向けたシリーズ。「noir」。さらに、新作映像のインスタレーションでは、音楽を渋谷慶一郎氏が担当。映像に合わせた音楽は無限に変化を繰り返す仕組みで、二度と同じ旋律が流れることはないという仕掛けも。



↑ PAGE TOP