MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2014.01.17

原美術館『ミヒャエル ボレマンス:アドバンテージ』
 


2014年1月11日~3月30日開催、原美術館『ミヒャエル ボレマンス:アドバンテージ』。ベルギーを代表する現代美術作家、ミヒャエル ボレマンスの個展がはじまりました。日本の美術館で本格的に紹介されるのは初めてですが、国内外で活躍するとても旬な作家のひとり。


彼の作品は、静かな佇まいの絵画たち。しかしアーティストとしてのスタートは写真表現だったそうです。30年代半ば、それまでの写真という表現手段から絵画に移行し、注目されはじめました。写真とは対照的に、時間の流れを感じさせるような、前後のストーリーを彷彿とさせる絵画の風合いが特徴的です。


ベラスケスやマネ、そしてシュルレアリスムの作家と比較評価されることもあるその作品世界は、どこか寂しげな色合いと、謎めいた雰囲気があります。絵画に込められたメッセージを見る側が自然と考察していく…静かにイマジネーションを刺激する作品です。

©Michaël Borremans



↑ PAGE TOP