MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2013.12.20

ポーラ美術館『ルノワール礼讃 ルノワールと20世紀の画家たち』
 


2013年12月1日~2014年4月6日開催、ポーラ美術館『ルノワール礼讃 ルノワールと20世紀の画家たち』。日本でも人気の高いルノワール。同時代の多くの作家たちの敬意も集めていたルノワールの魅力に迫る展覧会が開催中。


ポーラ美術館は、実は日本最多のルノワール・コレクションを持っていることを知っていましたか? その数、16点。本展にはそのうちの14点が出品されています。それらを4つの主題に分けてルノワールについて多角的に紹介しています。


印象派を代表する画家として紹介されることが多いルノワールですが、1880年代から晩年にあたる1900年以降の作品について、今注目が集まっているそうです。その頃の作品は、後世の画家たちに大きな影響を与えていたといわれています。そんな“後期ルノワール”に着目した展示は見ごたえ十分。



↑ PAGE TOP