MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

REPORT展覧会レポート

2013.08.06

国立科学博物館『特別展 深海—挑戦の歩みと驚異の生きものたち—』 (2013.08.06更新)
 


2013年7月6日~10月6日開催、国立科学博物館『特別展 深海—挑戦の歩みと驚異の生きものたち—』。深海という、謎に包まれた世界について最新の研究成果をもとに紹介する展覧会が好評開催中です。夏休みの自由研究のテーマにもピッタリな不思議な世界が会場に広がります。


「深海」というテーマが広く知られるようになったきっかけは、NHKで放送されたNHKスペシャル「世界初撮影! 深海の超巨大イカ」 でした。世界で初めてダイオウイカの撮影に成功したその様子にくぎ付けになり、深海というキーワードがさらに魅力的な存在になっていきました。


本展では、主に生物に焦点をあて最新の研究成果をもとに様々な未知なる生物の標本などを展示しています。そして水深200メートルを超える太陽の光が届かない暗闇の世界である深海に朝鮮する探査機なども紹介しています。


もちろん、同館が所蔵するダイオウイカの標本も展示。2007年に島根県出雲市沖で捕獲されたダイオウイカは、ヒレの先端から腕の先まで約3メートル、触腕まで含めると約5メートルという大きさ。古くから「幻の巨大イカ」といわれてきたダイオウイカについて、年々明らかになっていく経過も知ることができます。


横幅5メートルを超えるスクリーンでは、深海生物の生態を記録した貴重な映像も楽しめます。2012年に深海での動画撮影に初めて成功したダイオウイカはこちらで見ることができるので、ぜひ見逃さないでくださいね。行列も多い展覧会ですので、外で待つときなどは飲料などを持参して熱中症にご注意ください。



↑ PAGE TOP