MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

NEWSミュージアム最新情報

2013.01.24

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムが大幅リニューアル、大長編ドラえもん原画展も開催

 

 神奈川県の川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムでは、オープンから1年半を待たずして、述べ70万人の来場者数を記録した。明日から、原画展「大長編ドラえもん」を開催する。

 3月9日には新作の劇場版「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」が公開されることもあり、2013年は3期にまたがり、これまでの大長編ドラえもんシリーズ18作品の貴重な原画を紹介していく。記念すべき1作目の「のび太の恐竜」の原画8点をはじめ、藤子・F・不二雄氏が手がけた最後の作品となった「のび太のねじ巻き都市(シティー)冒険記」の原画6点などが並ぶ。第1期は5月末までの予定としている。

 そのほか、大規模な展示替えも行い、常設の展示室や子どもたちが楽しく遊べる、木の風合いを生かしたキッズスペースのリニューアルを行った。また、屋外のモニュメントにも新キャラクターが登場している。なかなか見つけにくい場所に設置してあるとのことで、“隠れモニュメント”として話題を呼びそうだ。さらに、人気のミュージアムカフェにも新メニューが登場、「ドラえもんのジャンボバーベキュー」や「ピー助のたまごプリン」などが新たに加わった。

 同館は完全日時指定制の予約チケットを事前にローソンで購入して来館するシステム。チケットは大人・大学生1,000円ほか。原画展「大長編ドラえもん」は1月25日~5月下旬まで。

 詳しくは 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム公式サイト


©Fujiko-Pro



↑ PAGE TOP