MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

NEWSミュージアム最新情報

2010.09.30

羽田第2ターミナル増築部に多彩なアートデザイン-LEDデッキ、ミュージアムも

 

 羽田空港(大田区羽田空港3)で10月13日に供用開始する第2旅客ターミナルビルの増築部分には新コンセプトの商業施設のほか、アートデザインを意識した世界のチェアやテーブルの導入、国内空港初となるミュージアムのオープンが予定されている。

 増築工事は同空港の再拡張事業に伴う同ビル本館南側の拡張で、出発・到着ロビーの面積は現在の約2倍となるほか、南側ゲートへの旅客動線が大幅に短縮し利便性・快適性・機能性の向上が期待されている。

 同ビルを管理運営する日本空港ビルデング(同)が発表した新施設の詳細によると、商業ゾーンには「The Art of Hospitality ~おもてなしをアートの領域に」をコンセプトに、飲食店舗17店、物販・サービス店舗19店が新規展開。出発ロビー3階には世界8カ国9種の味を提供するオープンテラス「UPPER DECK TOKYO(アッパー デッキトーキョー)」がオープン。世界中から集めた一脚一脚スタイルの異なる260点以上のデザインチェアとテーブルも設置する。併せて、国内空港では初めてのミュージアム「Discovery Museum(デュスカバリーミュージアム)」も開設。700年の歴史を持つ細川家の至宝を管理する永青文庫を常設する。

 増築部分全体の環境演出や内装では、「自由」をテーマに「東京らしさ」を表現するという。屋上展望デッキ「Attic Charles & Amelia(アティック チャールズアンドアメリア)」に設置する「星屑(くず)のステージ」にはLED照明約4,000個を埋め込み、「星・夜景・滑走路」の光の空間を演出する。到着ロビーの待ち合わせスペースには「利用客の心を癒やすシンボル」(同社)として千住博さんのアート作品「夜の湖畔」を展示。館内サインについても読みやすいサインデザインとシンプルで明瞭(めいりょう)な表示を採り入れる。

詳しくは 羽田経済新聞



↑ PAGE TOP