MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

NEWSミュージアム最新情報

2010.07.28

「文化観に下克上」天明屋尚が企画展

 

 「侘び寂び」が尊ばれてきた日本の伝統美術か、「萌え」に代表されるサブカルチャーか。そのどちらにも属さず、ストリートに根ざしてきた日本文化の系譜をたどる「BASARA展」が8月4日、東京・南青山のスパイラルでスタートする。

 「BASARA」とは、権威に反発して華美な服装や奇抜な振る舞いを好んだ中世の美意識「婆娑羅(ばさら)」に着想を得ている。展覧会を自ら企画した現代美術家、天明屋尚は、「『侘び寂び』や『オタク』といった価値観の対極にある、反骨精神あふれる美の系譜を日本の歴史から見いだしていきたい」と提唱。その遺伝子を継ぐとして、漫画家の井上雄彦や現代美術家の山口晃、横尾忠則、中島靖貴らの作品が紹介される。

詳しくは  MSN産経ニュース



↑ PAGE TOP