MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

NEWSミュージアム最新情報

2010.07.08

平井堅、ゴッホを歌う 新曲「太陽」が120年展テーマ曲

 

 シンガー・ソングライター平井堅(38)の新曲「太陽」が、東京・福岡・名古屋で順次開催される「没後120年 ゴッホ展-こうして私はゴッホになった-」のテーマ曲に決定したことが7日、分かった。

 今回のテーマ曲制作にあたっては主催者側が「ゴッホに通じるところがあり、イメージがピッタリ合う」と平井を“指名”。以前からゴッホに関心の深かった平井も「運命的な出会いを感じた」と快諾した。

 平井は楽曲制作を前に、ゴッホに関する文献・画集・映画・舞台などを入念に再チェック。書き下ろしの新曲「太陽」はシンプルながら、ゴッホに対する思いをストレートに表現した自信作に仕上がった。

 「ゴッホは“陽の光”をすごく大切に思っていて、“太陽”に憧れて、“太陽”になりたくて、同時に“太陽”のような方だったのではと思いまして、この曲を作りました」と平井。「時代を超えて、国境を越えて、世代を超えて人々を勇気づけたり感動させたりすることができるゴッホの作品と共に、一生懸命作りました僕の作品に触れていただければうれしく思います」とコメントを寄せた。

詳しくは 中日スポーツ



↑ PAGE TOP