MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

NEWSミュージアム最新情報

2010.01.18

障害者の作品がパリの美術展に 芸術作品として評価

 

 高崎市を拠点に活動するNPO法人・工房あかね(小柏桂子代表)が支援する作家2人の絵画が、パリでの美術展に出品される。日本の知的障害者らの作品を紹介する企画展で、ほかの約60人の作品とともに展示される。小柏代表は「『障害者の作品』というくくりを超えて、芸術作品として評価された」と喜んでいる。

 出品されるのは、藤岡市の知的障害者施設「かんなの里」入所者、大久保寿(ひさし)さん(55)と、同施設に入所していて2007年6月に亡くなった秦野良夫さんの作品。それぞれ8点ずつ展示される。

詳しくは 47NEWS



↑ PAGE TOP