MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」


MUSEUM美術館・博物館情報

 


所在地
〒680-0011 鳥取県鳥取市東町2-124
TEL
0857-26-8042
開館時間
9時~17時
※4月~10月の企画展開催中の土、日、祝日は19時まで
休館日
月曜日(祝日の場合開館)・祝日の翌日・年末年始(12月29日~翌年1月3日)
ホームページ
http://www.pref.tottori.lg.jp/museum/





お知らせ


アクセス

所在地 〒680-0011
鳥取県鳥取市東町2-124
交通案内 山陰本線鳥取駅からバス
■100円巡回バス「くる梨」青コース「仁風閣・県立博物館」下車すぐ
■砂丘、湖山、賀露方面行「西町」下車約400m
■市内回り岩倉、中河原方面行「わらべ館前」下車約600m 
駐車場 21台(土、日曜日はお堀端駐車スペースも利用可) 無料 

常設展示

料金 一般180(150)円、大学生以下・70歳以上無料 ※( )内は団体料金 
備考 「自然」「歴史・民俗」「美術」の各分野ごとの展示室で、3000点余りの資料により、鳥取県の自然や歴史、美術をわかりやすく紹介しています。
[自然分野]
 鳥取県と山陰地方の自然史に焦点をあて、鳥取県の大地の成り立ちから、「鳥取砂丘」や「大山」の生物、そしてオオサンショウウオをはじめとする貴重な生きものまで、2000種類以上の展示で、多様な自然の姿を紹介しています。1988年に鳥取県東部の岩美町・城原海岸に漂着した体長7メートルにもなるダイオウイカの標本展示や、生きた化石といわれるオオサンショウウオの飼育も行っています。
[歴史・民俗分野]
 大型の勾玉に小勾玉を造りつけた「子持勾玉」(国重要文化財)をはじめ、旧石器時代から江戸時代までの郷土の歴史や人々のくらしのようすと、今も行われている「祭り」や「伝統行事」などについて紹介しています。また、「歴史の窓」コーナーでは、鳥取県の歴史と民俗に関する特集展示を行っています。
[美術分野]
 鳥取藩ゆかりの絵師や、鳥取県の近代美術など郷土と関連の深い美術作品を博物館のコレクションの中から紹介します。また、随時展示替えをして多様な作品に触れていただけます。



施設情報

施設情報
【成り立ち】
鳥取県立博物館は、県民の教育及び文化の発展に寄与するための施設として久松山下鳥取城跡内に設立され、昭和47年10月1日に開館した総合博物館です。
施設情報
【建物】
1階の「地学・生物」、「歴史・民俗」、「美術」の常設展示では、3,000点余の資料により、郷土の自然と歴史や美術をわかりやすく紹介しています。また、特定のテーマに基づいた企画展を、毎年数回開催するほか、移動博物館、講演会、講座、見学会などの教育普及活動を実施しています。さらに、展示の解説書、年間の活動を紹介する年報、学芸員の研究成果を報告する研究報告、館蔵品を紹介する所蔵資料目録及び鳥取県立博物館ニュース「MUSEUM PRESS」などを出版し、利用者の便に供しています 。
経営区分 公立 
館長名 森谷 邦彦
開館年月日 19727年10月



年間スケジュール







↑ PAGE TOP