MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」


MUSEUM美術館・博物館情報

兵庫県立考古博物館


ただいま開催中の展覧会

 


所在地
〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中1丁目1-1
TEL
079-437-5589
開館時間
4月~9月 9:00~18:00
10月~3月 9:00~17:00
(有料ゾーンへの入場は9:30から閉館の30分前まで)
休館日
月曜日(祝日の場合は翌平日)【年末年始】12月31日及び1月1日【メンテナンス休館】2015年12月24日~12月30日
ホームページ
http://www.hyogo-koukohaku.jp





お知らせ


アクセス

所在地 〒675-0142
兵庫県加古郡播磨町大中1丁目1-1
交通案内 JR山陽本線土山駅から徒歩15分、山陽電車播磨町駅から徒歩25分
駐車場 64台 200円 大型バスで来館される場合はあらかじめご連絡ください。

常設展示

料金 大人210(160)円、大学生150(120)円、高校生100(80)円、小中学生無料 ※( )内は20名以上の団体料金、障害者手帳提示で本人と介護者1名は半額、65歳以上の方は大人料金の半額
備考 「テーマ展示室」は兵庫県の歴史を「人」「環境」「社会」「交流」の4つのキーワードで解き明かす展示室です。考古学の最新の成果を迫力満点の映像やジオラマで紹介します。試したり触ったりできるハンズオン・グッズもいっぱい。お子様から大人の方まで、時空を超えた歴史への旅を体感できます。また遺跡の発掘現場を再現した「発掘ひろば」では、お子様向けの発掘体験コーナーを設け、楽しく遊びながら、遺跡や考古学について学ぶことができます。この他、考古学関係図書の閲覧や情報検索ができる「考古学情報プラザ」や、土器や石器の整理作業の様子を見ることができる「バックヤード見学デッキ」もご利用いただけます。


施設情報

施設情報
【成り立ち】
兵庫県内には全国有数の約3万箇所の遺跡があり、厖大な考古資料が出土していましたが、専用の展示施設がなく活用が進んでいませんでした。この状況を改善するために、兵庫県教育委員会では遺跡及び考古資料など埋蔵文化財の活用を推進する中核施設として、兵庫県教育委員会埋蔵文化財調査事務所(神戸市兵庫区所在)を母体に新たな県立博物館の整備事業を進め、「古代文化に関する県民の教養を高めるとともに、遺跡及び考古資料の活用を通じて県民の交流を促進し、教育、学術及び文化の発展に寄与する。」ことを使命とする県立考古博物館が平成19年10月に国史跡大中遺跡に隣接して開館しました。
施設情報
【建物】
兵庫県立考古博物館は弥生時代の遺跡である大中遺跡(国史跡)を整備公開した「播磨大中古代の村」と一体となった施設です。遺跡公園の景観に配慮して建物の高さを抑え全体を緑化することにより、遺跡公園との一体化と、環境との調和をはかった「環境融合型博物館」です。また遺跡公園には弥生時代の家(竪穴建物)を多数復元しており、弥生時代にタイムスリップしたような景観をごらんいただけます。
施設情報
【付属施設】
「体験学習室」では、勾玉作りなどの古代体験を常時実施しています(一部有料)。また館内では「神戸風月堂」のカフェが営業しており、喫茶・軽食にご利用いただけます。カフェに併設したミュージアムショップでは、展覧会図録や考古学関係の書籍、オリジナルグッズ、お菓子などを販売しています。
経営区分 公立 
館長名 和田 晴吾
開館年月日 2007/10/13



年間スケジュール







↑ PAGE TOP