MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



白隠禅師誕生320年「白隠 禅と書画」展

京都文化博物館

 

 江戸時代、臨済宗中興の祖・白隠慧鶴(1685~1768年)は、出家・苦行・成道に続く遊行、説法の晩年期、民衆にわかりやすく禅を伝えるため、「釈迦図」や「達磨図」、「観音図」をはじめ、豪放にして時にユーモラスかつ慈悲心に満ちた書や画を数多く制作しました。自らが到達した禅の境地を、技巧にとらわれずストレートに表現した白隠の斬新な書画は近年、高く評価されています。本展は、都・臨済宗・五山禅林・仏教と深くかかわる白隠の生誕320年を契機に、白隠コレクションで知られる細川家ゆかりの財団法人 永青文庫と、白隠が住した松蔭寺(沼津市)所蔵の代表作を網羅した、かつてない規模の展覧会となります。凄まじい迫力と溢れる慈悲心で、見る者を圧倒する白隠の書画芸術をご堪能ください。

開催場所
京都文化博物館
開催期間
2004/04/10~2004/05/23
休催日
月曜日[ただし、5/3(月)は開館、5/6(木)は閉館]
開催時間
10:00~18:00(入場は17:30まで)
料金
一 般:1000円(800円) 大高生:700円(560円)中小生:400円(320円)
*( )内は前売り、20名以上の団体料金
主催
京都文化博物館、日本経済新聞社、京都新聞社 
お問い合わせ
京都文化博物館・Tel.075-222-0888
ジャンル
中世





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP